人間科学部/人間科学科

ゼミ紹介(2019年度人間科学科開講実績)

心理科学専攻

「脳―こころ―身体」の臨床心理学

【教員氏名】
秋本 倫子

【研究テーマ】
認知症やトラウマなどについて脳や身体との関連性も含めて体験的に学習する。臨床心理学と神経科学の接点に・・・・・・・・

【研究内容】

・学生の研究テーマは広汎にわたり、脳、こころ、身体またはこれらにまたがる視点で、実験、質問紙(アンケート)、面接(インタビュー)など様・・・・・・・・

続きを読む
ページ最上部へ戻る

家族や地域社会が抱える生活問題の現状と課題を探る

【教員氏名】
横倉 聡

【研究テーマ】
家族や地域社会が抱える生活問題の現状と課題を探り、その解決策を学ぶとともに、新たな家族問題解決支援策・・・・・・・・

【研究内容】
戦後70年が過ぎ、高度経済成長やバブルの時代を経て、成熟社会を迎えたといわれる日本社会、その後、リーマンショック等を経て、今日の日本社会では・・・・・・・・

続きを読む
ページ最上部へ戻る

対人関係・対人行動の社会心理学

【教員氏名】
渡部 麻美

【研究テーマ】
身の回りの問題を実証的視点で見る・・・・・・・・

【研究内容】

社会心理学は他者との関わりを研究する分野です。私たちは他者との関係をどのようにつくっているのか、なぜ他者の目に映る自分を気にするのか、・・・・・・・・

続きを読む
ページ最上部へ戻る

臨床心理学の扉を叩く: こころの健理学を科学的な理解を通して体験する

【教員氏名】
長谷川 明弘

【研究テーマ】
臨床心理学、コミュニティ心理学:個人、家族、集団、組織を対象として生涯にわたる発達段階への支援の方法・・・・・・・・

【研究内容】

心理学の専門職を目指す人

続きを読む
ページ最上部へ戻る

臨床・健康心理学の基礎と実践:こころの健康とは何かを理論と体験から学ぶ

【教員氏名】
角藤 比呂志

【研究テーマ】
こころの健康と病理、そしてセルフケア・・・・・・・・

【研究内容】

臨床心理学は「床(とこ)に臨む」心理学です。つまり、病める人を援助する心理学です。その方法として、「ことば」によるもの、「ことば以外」・・・・・・・・

続きを読む
ページ最上部へ戻る

臨床の視点と「支援する」こころ

【教員氏名】
小坂 和子

【研究テーマ】
グランドテーマ:臨床の「まなざし」と人間のこころを理解する 研究テーマ:演習Ⅰ・Ⅱ「臨床の知」・・・・・・・・

【研究内容】

臨床心理学 文化とモードの心理学

・・・・・・・・

続きを読む
ページ最上部へ戻る

心理療法と深層心理

【教員氏名】
篠原 道夫

【研究テーマ】
今日、心理療法への関心は、日々に高まっています。残念ながら、心理療法は、とても誤解されやすい心の仕事・・・・・・・・

【研究内容】

具体的には、①基本文献の講読と②事例研究の二つを軸にして展開しています。まず、①前期の文献購読では、精神分析的人格理論(自我、イド・・・・・・・・

続きを読む
ページ最上部へ戻る

臨床心理学における芸術療法 こころに向き合うための臨床心理学的視点

【教員氏名】
福田 周

【研究テーマ】
病跡学的アプローチによる創造性の意味と精神病理の意味について 描画療法の体験を通したこころに向き合・・・・・・・・

【研究内容】

人間のさまざまな営みは、単にその行動の結果や外的要因だけに目を向けていても理解できないことが多い。人間の営みへの理解は、外側に現れ・・・・・・・・

続きを読む
ページ最上部へ戻る

こころの病の癒し

【教員氏名】
山田 和夫

【研究内容】

31年の精神科医としての臨床体験から、21世紀になって急増してきたうつ病や不安障害など「こころの病」の実態と背景、治療などについて学び・・・・・・・・

続きを読む
ページ最上部へ戻る

こころを理解し成長の場を支える臨床心理学 ―夢・身体・イメージ・自己―

【教員氏名】
前川 美行

【研究テーマ】
演習Ⅰ・Ⅱ「心とは何か?−私たちの心や苦しみを理解し、心理療法を学ぶ」専門文献や文学作品、映画などを・・・・・・・・

【研究内容】

心を育て、生きることと成長することを支える心理療法の本質について理解を深め、心についての自らの関心を問題意識として卒業研究を行う。

続きを読む
ページ最上部へ戻る

生涯発達心理学の視点での人間理解

【教員氏名】
久保田 まり

【研究内容】

「発達」ということをさまざまな観点から掘り下げ、「子ども時代(あるいは青年期)を生きることの固有の意味と価値」や「世代間の相互性(・・・・・・・・

続きを読む
ページ最上部へ戻る

認知療法の社会心理学的評価

【教員氏名】
岡本 浩一

【研究内容】

2年間かけて、実験社会心理学の方法論と認知療法を学ぶ。演習1では、主として社会心理学の方法論を学び、演習2では、それと併行して認知療法・・・・・・・・

続きを読む
ページ最上部へ戻る

こころとからだの実験心理学的研究 ~応用精神生理学の基礎と実践~

【教員氏名】
小林 能成

【研究テーマ】
私たちの心と身体の深い繋がりについて理解を深め、自らの今後の生活に活かしていく 身近な日常現象につい・・・・・・・・

【研究内容】

 私たちのさまざまな社会的行動や対人行動とその背後にある個人の人格特性や感情、認知的評価などについて、人間の生理学的基盤(脳、身体反応・・・・・・・・

続きを読む
ページ最上部へ戻る

教育・人間学専攻

現代社会のなかの「教える-学ぶ」の営みを問い直す

【教員氏名】
尾崎 博美

【研究テーマ】
・学校に行くことの意味とは何か?(よい学校とはどんな学校か?):学校論 ・「頭がいい人」と「勉強ができる人」との違いは何か?:学力論 ・なぜ大人は「いい子」を育てようとするのか?(「いい子」とはどんな子どもか):子ども論 ・子どもにとっての「遊び」の意味(「遊び」の変化や移り変わり):遊び論 ・物語[童話、小説、テレビ番組、映画、アニメ、漫画等]の教育的な意味とは何か:メディア論 ・子ども向け施設[テーマパーク、ジブリ美術館等の施設]の教育的な意味とは何か:社会教育 ・なぜ「いじめ」は起こるのか? 教育の「格差」とは何か?:教育問題 ・日本の教育と諸外国の教育を比較する:世界の教育・・・・・・・・

【研究内容】
教育学ゼミの目的は、現代社会のなかの「教える-学ぶ」について深く広く考えてみることです。そしてその中で、「人間にとって本当に"善い"こととは・・・・・・・・

続きを読む
ページ最上部へ戻る

地域社会と図書館-生涯学習の視点から-

【教員氏名】
金沢 みどり

【研究テーマ】
図書館情報学、社会教育学、学校教育学、および生涯学習論に関するテーマを、研究テーマとしています。・・・・・・・・

【研究内容】
 日々の生活の中で、調べ物をしたり読書をしたり、自主的な学びのために図書館を利用することが、これからの生涯学習社会において必須です。本ゼミで・・・・・・・・

続きを読む
ページ最上部へ戻る

メディアの認知心理学 ~見る、聞く、話す、伝えるを心理学的に研究する~

【教員氏名】
柳沢 昌義

【研究テーマ】
・基礎的な心理実験の手法を学び、実際に有名な実験を自分で再現してみる ・統計手法を学び、実験で得られたデータから、有効な情報をみつける ・ゼミ活動や日常生活を通して感じている疑問から自分のテーマを決めて、心理学的実 験や心理学・教育学的知見により、卒業研究を完成させる・・・・・・・・

【研究内容】
本ゼミでは、心理・教育の接点となる分野を中心に学び、メディア研究、心理学的研究、教育学的研究へと発展させていきます。 まずは認知心理学・・・・・・・・

続きを読む
ページ最上部へ戻る

神話と物語―人間の変容の語り

【教員氏名】
渡辺 和子

【研究テーマ】
演習Ⅰ・Ⅱ「宗教学の名著、卒論のテーマ」 卒業研究Ⅰ・Ⅱ「卒論作成」 ・・・・・・・・

【研究内容】
履修者各自が、それぞれのテーマに関する卒論を演習Ⅰ・Ⅱと卒業研究Ⅰ・Ⅱの2年間で4万字の卒論を作成することを目標とする。数度のレポート作成に・・・・・・・・

続きを読む
ページ最上部へ戻る