人間科学部/人間科学科

心理科学専攻の特長

カウンセリングや心理療法、心理学実験・調査、心理アセスメントなどを通して深くこころを見つめる心理学の知識、人間行動を解明する心理学の見識、さらに専門的な実験/調査、対人援助/支援に関する方法論を身につけます。総合的なこころの理解と実践を活かした分野で活躍する人材の育成を目指します。また、将来心理の専門職を目指す学生に対し、公認心理師の資格取得に必要な科目の取得と知識・経験の習得を目指します。

4年間の学び

1年次:4つの概論で、人間科学の基礎を習得

心理学・社会学・教育学・宗教学の概論で学びの基礎を身につけ、「人間を科学的にみる」ための基礎力を身につけます。一年次の学びを通して専攻選択を決めていきます。

2年次:基礎とともに専門分野の学びがスタート

専攻の専門科目の授業が始まります。専攻必修基礎科目は学びの土台となります。

3年次:心理学の視点から人間や社会を見つめる

各科目の学びで、心理学の知識と技能を習得。心理学的視点から人間や社会への考えを深めます。

4年次:ゼミナールで学びの集大成を論文に

3年次から続く演習(ゼミナール)で、自らの興味、関心、問題意識を卒業研究・論文としてまとめていきます。

臨床心理・社会心理コースイメージ01
臨床心理・社会心理コースイメージ02