タイトル画像:学部・学科
学部・学科

ゼミ紹介

現代の若者が生きている生活世界と将来生きることになるだろう生活世界を考える

人間科学部/人間科学科

佐藤 智美教授

研究テーマ

人間科学演習Ⅰ・Ⅱ:若者という時期、若者を取り巻く社会状況 
卒業研究Ⅰ・Ⅱ:各自の卒業研究テーマにそった卒業研究指導

研究内容

社会への移行期にある若者層が意識する、意識しないかかわらず現在直面する問題とは何だろうか。親の世代とは異なる生きずらざも生きやすさも「自分らしさ」や「自己責任」として語られる現代社会の中で、大人への階段を上がていくことが期待されている。この演習では、青年の生きる生活世界と生きることになる生活世界を考えながら、たとえば以下のようなテーマのもとに、学習を進める。
・若者という時期とは
・若者を取り巻く社会状況
・若者と教育
・若者と家族
・若者と就職

過去の卒業論文テーマ例

『箱根駅伝』誕生の背景と完走を目指す現在の若者
若者の移行期の長期化の現状と課題
大衆化した大学の奨学金のあり方
女子高のスクールカーストの実態
日本の子どもの食格差について

ゼミ生の声

卒論完成までのスケジュールがはっきりしているので迷いません。

3年生の終わりには卒業研究のテーマを決めるので、厳しくもあります。

丁寧に相談に乗ってもらいました。