タイトル画像:学部・学科
学部・学科

ゼミ紹介

「中国・台湾・香港を材料に、
思考力とバランス感覚を磨く」

国際社会学部 国際コミュニケーション学科

望月 敏弘教授

研究テーマ

演習Ⅰ・Ⅱ「卒業論文作成に向けてのテキスト講読および卒論テーマの確定」
演習Ⅲ・Ⅳ「卒業論文完成に向けての研究発表とディスカッション」

研究内容

日本の隣に位置する巨大国家・中国を理解することはとても難しいです。近年、日本では中国への親近感が急激に低下しています。しかし、中国がグローバル・パワーとなった現在、「好き・嫌い」を超えて、その重要性から冷静に研究する必要があります。ゼミでは、急速な経済発展によって国民生活が向上している光の部分、民主化が進まず、環境汚染が深刻化し、経済格差が拡大している影の部分など、現代中国が抱える諸問題を材料にして、学生たちの思考力・バランス感覚を磨きます。

過去の卒業論文テーマ例

「中国都市部における晩婚化問題と剰女現象」
「中国におけるインターネット規制」
「深刻化する大気汚染問題」
「中国における高等教育の発展―1990年代以降のエリート育成改革」
「現代中国における教育格差」
「中国の食品安全問題」
「2005年および2012年の反日デモの分析」
「チベット独立を考える」
「台湾アイデンティティ」
「中国・台湾映画からみる日本観」
「中国・韓国の外交関係史」
「宋家の三姉妹」
「米国に住む華僑・華人の歴史―サンフランシスコのチャイナタウンに着目して」など

ゼミ生の声

授業はもちろん、就活のことに関しても丁寧に説明やアドバイスをしてくれます。ゼミでは、先生が現地に行った際の現状であったりお勧めの観光地を教えてくれます。ゼミ生の雰囲気も良好で、優しい人ばかりでとても居心地のいいゼミです。

先生がとても気さくで優しくて、毎回授業で癒されます。先生はとても中国について詳しいので、様々な観点から中華世界について学ぶことができ、毎回楽しく授業をしています。お食事会や夏合宿、靖国神社の見学などイベント盛りだくさんで楽しい行事が多くとても楽しいゼミです!

中国は様々な問題を抱えている国なので自分が興味を持ったことに取り組みやすいゼミだと思います。勉強だけでなく、台湾・中国のおいしいご飯の話も聞けたり、先生のお薦めのお店でお食事会をしたりする楽しいゼミです。

とてもゆったりした雰囲気のゼミです。時には真面目に集中して課題に取り組み、よい空気感があるので私は好きです。

合宿は勉強も観光もできて一石二鳥です!ゼミ生で計画を立てるので楽しいですよ。

よくニュースで報道されるような中国の表面だけでなく深い部分をしっかり知ることができます!ゼミ生も仲がよく、ゼミ合宿や中華料理のおいしいところに先生が連れて行ってくださいます!

先生はすごくよく学生のことを見てくれています。100%の信頼を持って日々ゼミの活動にも取り組めています。中華世界に関する知識は世界一だと思っています!