タイトル画像:学部・学科
学部・学科

ゼミ紹介

日本の物語 ―神話からアニメまで

国際社会学部 国際コミュニケーション学科

古川 のり子教授

研究テーマ

日本の古代神話・昔話から現代の漫画・アニメまでを含む物語研究

研究内容

神話は、古代の人々が人間の存在や世界のあり方について考えた奥深い物語です。
このゼミでは、神話や昔話などの中に日本人の世界観を読みとっていきます。そして現代のアニメ、漫画、小説、映画などに神話的世界観がどのように受け継がれているか、さらに物語分析の範囲を広げていきます。

過去の卒業論文テーマ例

アニメ『灰羽連盟』物語分析―欠落した少女のイニシエーション
『精霊の守人』『闇の守人』の分析
『ONE PIECE』でみる英雄と悪役の比較
『スカイクロラ』物語研究―カンナミ・ユーイチはなぜ英雄になれなかったのか
村上春樹『アフターダーク』における再統合

ゼミ生の声

とても優しくてかわいらしい先生で、ちょっと天然なところもあって面白いです。

神話とジブリアニメとの関連や物語の裏側等々、たくさん教えてくださいます。