東洋英和女学院大学トップキャンパスライフ最新情報&トピックス > オルガンのオーバーホール、作業進行中です。

キャンパスライフ

オルガンのオーバーホール、作業進行中です。

作業開始から3週間ほどが経過しました。オルガン本体の清掃、パイプの清掃・補修・耐震補強作業が次々と行われていきました。

ある日の作業では、オルガンの後ろにあるふいご(オルガンに風を送る装置)を補修するために使用するテープを職人さんが丁寧に調整されていました。大きなパイプの補修からこうした細かな作業まで、多くの作業が手作業で行われました。

綺麗に掃除されたオルガン内部にパイプが1本ずつ元に戻されると、あっという間にオルガン内部はパイプでいっぱいになりました。

先週までで構造的な作業が完了し、この後は音の調整作業に入ります。パイプのホコリを除去したり、作業によりパイプに人の手が触れたため、音が変わるそうです。本学の礼拝堂に合わせて調整がされます。

どの様な作業が行われるか、またその様子をお伝えしたいと思います。

ふいごの補修に使用するテープを丁寧に調整しています。

空っぽになっていたオルガン内に次々とパイプが戻されていきました。