東洋英和女学院大学トップ大学概要学長室から学長だより > 2020年9月26日 大学卒業式式辞

大学概要

2020年9月26日 大学卒業式式辞

 本日ここに、大学での必要な単位を修得され、卒業される皆さん、おめでとうございます。皆さんの在学中のご努力に対し、衷心より敬意を表したいと思います。また、これまで皆さんを見守ってこられたご家族をはじめ、ご関係の皆様のこれまでのお支えに対しまして、皆さんとともに、革めまして感謝を申し上げます。

 すでにご承知の通り、いわゆる新型コロナウイルスによる感染蔓延という未曽有の事態の中で、昨年度の卒業式や今年度の入学式といった行事はすべて中止となり、今年度前期は一律全面オンライン開講という極めて異例の措置に踏み切ることを余儀なくされました。学生諸君は大学への入構を厳しく制限され、新入生の中には未だにこの緑溢れるキャンパスに来ることができないでいる人たちも存在します。実は9月のこの卒業式が、ささやかながらではありますが、今年度における本学の最初の式典として執り行われることとなったわけです。実際に皆さんの顔を見て、声を聴いて、リアルな、生身の皆さんと対面して、学位を授与し、祝意を表することができることは、私ども教職員にとりましても誠に嬉しく、また有り難いという感懐に浸っているところです。

 高等教育機関である大学では、教員はすべて現役の研究者でなければなりません。教員が専門とするそれぞれの学問領域の最先端の知見や情報、技術などを伝達し、教示するという機能が、大学には求められていることになります。その意味では、オンラインでの授業であっても、一定の学習効果は認められるでしょう。事実、皆さんはそのような授業を通じて単位認定に相応しいと判定され、ここに学位を授与されたのですから。しかしながら、もとより知識や情報の伝達だけが高等教育ではありませんし、学生生活のすべてでもないはずです。とりわけ、本学のような小規模のミッション系女子大が、最も大事に考えているのは、学生諸君と教職員との間、あるいは学生諸君相互の間の人格的な関係の構築というところにあります。そのような関係は、PCやスマホの画面越しのやり取りの中からは決して生まれて来るものではありません。最初に、生身の、人間同士のリアルな接触や交流があって、そうした接触や交流を副次的に支えるツールとしてPCやスマホを活用するというのが、人間関係構築の本筋にほかなりません。アフターコロナとか、ウィズコロナとか形容される直近の未来においても、この点ばかりは変わりようがないだろうと思います。これから実社会に漕ぎ出して行かれる皆さんには、この本筋を見失わないようにしていただきたいと強く願うものです。

 もう一つ、私から皆さんへ申し上げておきたいことがあります。逆説的になりますが、この新型コロナによって私どもは、非常に価値のある経験をしつつあるということです。いつ罹患するかわからない。いつ非常時に巻き込まれ、いつ死ぬかもわからない。私たちはそういう宿命を背負った存在なのだという事実を、革めて自覚できるようになったわけです。そのような自覚の下に、一日一日を大切に過ごしていっていただきたいと思うのです。'Today is the first day of the rest of my life' という言い回しがあります。「今日のこの日が、私に残された人生の最初の一日だ」というほどの意味ですが、非常に含蓄のある言葉だろうと思います。

 'Today is the first day of the rest of my life' というこの言葉とともに、皆さんのお一人おひとりにピンクのバラの花をお贈りしようと思います。今年は実現しませんでしたが、例年3月の学位授与式においては本学の母胎である東洋英和女学院に所縁の深い黄色い水仙の花が贈られております。季節が季節でありますのでこれに替えてバラの花にいたしました。その花言葉には「上品」「気品」「輝かしい」などいろいろあるようですが、この場の皆さんにもっともふさわしいのは、「誇り」であろうと思います。この東洋英和女学院大学の卒業生として、誇りを持ち、胸を張って実社会という荒ぶる海に漕ぎ出して行ってください。みなさんの航海の無事を祈りつつ、これを以て私の祝辞といたします。



2020年9月26日
東洋英和女学院大学
学長 池田 明史