中学部・高等部トップページ中学部・高等部からのお知らせ > 第15回全日本高校模擬国連大会 (2021.11.13~14)

第15回全日本高校模擬国連大会 (2021.11.13~14)

サムネイルIMG_0339.jpg11月13日(土)、14日(日)に第15回全日本高校模擬国連大会が淡路夢舞台国際会議場にて開催されました。全国から書類選考を通過した60チームが大会に参加し、核軍縮をテーマに担当国大使の立場に立って議論を交わし合いました。

模擬国連は、予想を遥かに超える大変さでした。しかし模擬国連を通して、今まで読んだことがない量の資料に目を通し、世界中に視野を向け、出会うことのなかった人たちと関わることができ、とても貴重な経験ができたと思います。全国の高校生との交流や、他国の立場で国際問題を議論した経験はなかなか他では得られない価値のあるものです。

書類審査では、ペアと大量の資料を読み込み、課題の提出に励みました。文章を練っていく中で先生方からたくさんの指導をいただき、情報を取捨選択し、筆者の主意、中枢となる部分を見つけ出す力を得ることができました。

全国大会では、私たちはナイジェリア大使として、事前に調べた自国の情報に沿って、国益が守られるように注意して同じ立場や方向性の国々と交渉し意見を交換し合いました。

初めての出場で慣れない中で、参加者の知識力、交渉力、英語力のレベルの高さに刺激を受けながらも自分達のベストを出し切ることが出来たと思います。一個人の視点ではない、様々な視点で物事を捉えることの難しさ、重要さを体感しました。

大勢を惹きつけるスピーチが出来る人、高度な英語を駆使して文書を書くことができる人、人の話を聞き出すのが上手い人など、様々な優れた能力を持つ同世代の参加者に出会いました。同じ「模擬国連」という一つの場においても個々の得意不得意なものは違い、各自が自分の持つ強みを活かすことが、実りのある有意義な会議が生まれることの鍵になるのだと思いました。

今回の経験を通して得られたたくさんの学びを今後の生活に十二分に発揮していきたいです。

今年の全国大会は、兵庫県の淡路島で開催されました。

「ナイジェリア大使」として意見交換しました。

しっかりと、自国(ナイジェリア)の国益のために発言しました。

前のページへ戻る
TOP