中学部・高等部トップページ中学部・高等部からのお知らせ > 東日本大震災復興支援のための演奏会が開催されました。

東日本大震災復興支援のための演奏会が開催されました。

東日本大震災復興支援のための演奏会が、3月11日(金)東洋英和女学院新マーガレット・クレイグ記念講堂で行われました。

今年は、北原白秋、山田耕筰生誕130周年の年に当たり、両氏によって校歌が作られた東洋英和での開催となりました。

壇上には、昭和13年に山田耕筰氏が愛用し東大病院芙蓉会に寄贈されたアップライトピアノが運び込まれました。

東洋英和女学院合唱部による校歌続いて、同じく両氏によって校歌が作られた暁星中学校・高等学校の合唱部によって校歌が披露されました。

女子校においては珍しく、男性の重厚な声が響き渡りました。

続いて、中澤きみ子さんによる「からたちの花」がTsunamiヴァイオリンで演奏されました。

Tsunamiヴァイオリンは、3・11以前の東北の美しい記憶や想い出を、音色として語り継いでいくために津波の流木からご主人の中澤宗幸さんが製作されたものです。

1000人のヴァイオリニストが弾き継いでいくプロジェクトが行われており、現在では400人以上の演奏家がこのヴァイオリンを弾かれたというお話は印象的でした。

休憩をはさんで、北原白秋、山田耕筰の名コンビによるおなじみの曲「この道」「からたちの花」を森麻季さんが歌ってくださいました。

この曲の温かいメロディーと詩は、関東大震災の折に被災した方々の心をいやしたそうです。

美しく澄んだ歌声が講堂に響き、聴衆の心を温かくしてくださいました。

その後3・11の犠牲者のための黙とうがささげられ、中澤きみ子さんのアベ・マリアの演奏でこの場に集った者の祈りは一つとなりました。

山田耕筰愛用のピアノです

東洋英和中学部・高等部と暁星中学校・高等学校の初共演

中高生の合唱を中澤きみ子さんのバイオリンが温かく盛り上げてくださいました。

森麻季さんと中澤きみ子さんと共に東日本大震災復興支援をお手伝いできました。

前のページへ戻る
TOP