学校生活

中学部・高等部トップページ学校生活最新情報&トピックス > 2015年度のバングラデシュ寺子屋支援活動とTEAMの活動報告会が行われました。

2015年度のバングラデシュ寺子屋支援活動とTEAMの活動報告会が行われました。

1月21日のロングホームルームで、バングラデシュ寺子屋活動支援とTEAMの活動報告会が行われました。

東洋英和の生徒会はバングラデシュの寺子屋建て替えのための活動を支援しています。

そのために、創立記念日には全校生徒が献金を捧げます。

また2010年以来、毎年夏にはACEFスタディーツアーに生徒が参加し、バングラデシュの寺子屋を訪問しています。

今年度も3名の生徒を送り出しました。

 

もう一つの活動、TEAM(Toyo Eiwa Activities for Myanmarの略称)は、移民と難民、教育と子供、少数民族、経済と開発、軍政と民主化、宗教という6つのテーマから生徒たちが主体的に調査し、学習を進めているグループです。

夏には、大学生のグループに混ざって高校生6人が、ミャンマースタディーツアーに参加しました。

 

両方の報告を通して生徒たちはそれぞれの地域が抱える困難な問題を知り、自分たちには何ができるかを深く考えることができました。

詳しくは、以下の生徒体験記をご覧ください。

 

バングラデシュスタディーツアーの生徒体験記はこちら

ミャンマースタディーツアーの生徒体験記1はこちら。 生徒体験記2はこちら

まずはACEFの取り組みについての説明

バングラデシュでのスケジュール紹介

子どもたちの笑顔が印象的です。

バングラデシュの民族衣装を披露してくれました。

TEAMの活動報告です。

1日目はヤンゴン。

生き生きとミャンマーの様子を伝えてくれました。

ミャンマーの民族衣装を着てのプレゼンでした。

前のページへ戻る
TOP