学校生活

中学部・高等部トップページ学校生活最新情報&トピックス > 中2 総合学習 「14歳の未来プロジェクト」

中2 総合学習 「14歳の未来プロジェクト」

中学部2年生の2学期の総合学習では、「20年後の未来の世界に役立つ新商品を開発せよ」というミッションを達成することで、社会の一員として協働をしていく上で必要な、企画力・情報収集のスキル・自律的な発想力・主体的な行動力・チームワークとコミュニケーションのあり方を体験的に学びました。

10月から全5回のLHRの時間を使ってプレゼンテーションの準備をしました。

各クラス6~7人のグループを作り、グループを企業に見立て、下記のミッションを実行し、スポンサーである担任の先生や同級生に自分たちの企業のプランを選んでもらえるよう競い、プレゼンテーションをしました。

 

ミッション『○○社とのコラボで20年先の世界を幸せにする新商品を開発せよ!』

 

1回目 10月15日(木)  -企画会議- 

ブレインストーミングを行い、20年後の未来の世界に起こり得る出来事や問題点など未来の社会状況を想像し、意見を出し合いました。

その結果、20年先にあったらいいなと思う新商品をできるだけ多くのアイディアを出し合い、新商品を決定しました。また、その商品を開発するためにコラボレーションする企業名をきめました。

 

2回目 10月29日(木)  -情報収集とプラン作成-

事前に調べてきたコラボしたい企業が持っているリソースをもとに、開発する商品のターゲットをしぼり、利用者の年齢層、性別など細かく詰めていき、売り込む方法も真剣に話し合いました。

また、考えた商品の問題点を挙げることで、質疑応答にも対応できるようにしました。また、プレゼンに向けての係分担も決めました。スライドの構想(ストーリー組立)係、スライドの図を描く係、写真撮影係、スライド1枚ごとの台本を書く係、スピーチ係、音響係、寸劇をする係などグループによって個性がでます。

 

3回目 11月19日(木)  -スライドの作成とプレゼンの練習-

A4のコピー用紙で作成したスライドを並べ、皆で全体の流れなどを確認し、修正を入れていく作業をしました。

プレゼンの内容が固まったら、自分たちの『企業名(チーム名)』をつけました。

 

4回目 11月26日(木)  -クラス内プレゼン大会―

クラス内でのプレゼン大会です。各チーム8分の持ち時間で発表しました。

どのグループもよく工夫されており、予想以上の力作ぞろいでクラス代表を1チームに決めるのはとても難しかったです。

技術的にもきちんと原理の裏付けがされている正統派、意外性のあるアイディアが光るグループ、ユーモアも織り交ぜてプレゼン自体が上手いグループなど個性あふれる発表が続き、とても有意義な予選となりました。

 

5回目 12月8日(火)   -プレゼン決勝大会-

前日の放課後と当日の1時間ほどクラスで時間をとり、よりよいプレゼンテーションにするために作戦会議を行いました。自分のクラスの代表グループが優勝できるよう、お互いにアドバイスを出し合い、改善点を話し合いました。

代表グループと開発商品は以下の通りです。

  

チーム名 商品名 コラボしたい企業
1組 『グループFIVE』 『ドローン花子』 『エンルート』
災害救助用ドローン。普段は普通のドローン形。災害救助時にはトランスフォームをして、驚くべき姿に変身します。災害後のアフターケアも完璧です。
2組 『フリージングイア』  『Neo補聴器』 『オムロン』
目立たない補聴器とおしゃれな補聴器の2種類を提案。聴覚障害のある方がより快適で安心な生活が送れるよう心を込めて提案しました。
3組 『rimu』 『Home Robo』 『日立製作所』
様々な家事を代行してくれる優れたロボット。しかし訳あって料理だけはできない。そこがこのロボットの真に優れた点なのです。少し昔風のデザインに癒されます。
4組 『小龍包』 『Second Working』 『キッザニア』
年配の方・障害を持った方も職業体験を通して生きがいをみつけ、職業斡旋もする新型キッザニアの提案。障害をもった方が過ごしやすいような工夫が満載でした。
5組 『ヒツジーズ』  『スカイエア・ヴィジョン』 『SHARP』
空中に投影することのできるブレスレット型の新型スマートフォン。画面は本人にしか見えず、様々な便利機能を搭載。「あなただけの世界が目の前に」。

 

プレゼン内の寸劇の効果音をクラス全員で表現するなどクラス一丸となって盛り上げている様子に生徒たちの成長が感じられました。

質疑応答では、丁々発止のやりとりが展開され、的を得た疑問が投げかけられると、応じるチームも負けてはいません。

理論的なやりとりにスリル感あふれる素晴らしい内容で大会を終えることができました。決勝大会の結果は全員の投票により、1組と5組が同票で優勝しました。

来年の中3総合学習のテーマは「社会とともに生きる」です。

実際に職場訪問をしたり、卒業生の先輩のお仕事の話を伺い、将来自分はどのような勉強をし、どんな仕事をしたいのかを一年を通して考えていきます。

20年後、皆はどんな女性になっているのでしょうか。今回のプロジェクトが社会と自分たちの未来に目を向ける一助となればと願っています。

企画会議 奇抜なアイディアに爆笑です。

企画会議「こんなのどう?」

企画会議「そのアイディアいいね。」

スライド作成 「この図でいい?」

スライド作成 「下書きどう?」

プレゼンの構成を考え中。「この順番でいいかな。」

プロジェクターを使って最終チェックです。

クラス内プレゼン大会。企業のこともよく調べています。

クラス内プレゼン大会。面白い提案がたくさん出ました。

決勝大会。中2-1の代表チームによる商品『ドローン花子』

前のページへ戻る
TOP