学校生活

2015年剣道部 夏の活動

スポーツ系クラブの多くは、夏休みに合宿を行います。

剣道部はふだん集会室や小学部で練習していますが、夏休みには2泊3日の合宿を行っています。

今年は千葉県の九十九里浜で合宿を行いました。

どのクラブの合宿も、辛く厳しいものですが、剣道部の場合、面や胴などの防具を着けての練習となるため、夏はとにかく暑い!

厳しい合宿を乗り越えて、体力・気力・団結力を高めました。

毎回の練習は、最初に「すり足」から始めます。竹刀を構えて黙々と前に進みます。

いよいよ稽古。剣道は相手と気を合わせることが大切です。精神を統一し、向き合います。

激しく打つ!撃つ!前へ!

高二にとっては最後の合宿。気合いの一閃が打ち込まれます。

朝は九十九里の長い長い砂浜を、声を出しながらランニング。隣の海水浴場は、まだか…。

生徒達は「ドンタコス」と呼んでいる、踏み込みの練習。何周もしていると、足が震えてきます。

朝の声だし練習。声が小さい時にはやり直しです。

最後の夜練は、先輩・後輩織り交ぜた3人チームの勝ち抜き戦です。優勝チームはコーチや先生チームと、準優勝チームはOGチームと対戦するオマケつき。大盛り上がりの試合になりました。

合宿後に行われた、日本武道館での都大会予選に参加しました。英和はベスト16まで進み、合宿の成果を存分に発揮しました。

前のページへ戻る
TOP