高等部2年 家庭科 浴衣製作

210224H2Top.JPG

 

高校2年生が家庭科の授業で作っていた「浴衣」の着付け教室がありました。

例年は11月の授業公開週間に行うのですが、今年度はコロナ感染症の影響でこの時期となってしまいました。

 

今日の講師は課外教室日本舞踊でお世話になっている藤間春素娥先生。着付けとともに、和装時の礼儀作法について学び、その後は踊りのお稽古もしていただきました。

 

自国の文化をしっかりと学ぶ。日本舞踊を通して美しい所作を身につける。

よりグローバル化が進むこの時代だから必要なことです。

 

着物の歴史を学ぶ

礼法を学ぶ

さくらを舞う

前のページへ戻る
TOP