高二総合探究活動

 高二総合探究活動では、「長崎×SDGs~サステナブルな街づくりを考える~」をテーマに、それぞれが興味関心のある分野を選んで7、8人のグループを作り、修学旅行での現地取材をもとに新聞記事にまとめる、という活動を行ってきました。修学旅行で取材してきた内容を新聞記事に落とし込む段階で、6月9日に長崎大学の「Slopeers」の学生さんとオンラインでワークショップの時間を持ちました。『Slopeers』とは、大学生の視点と発想を活用して、人と産業と地域とを密接に繋げることによって長崎の活性化を促し、魅力溢れる長崎県の創生に貢献することを目的としている長崎大学の学生さんによるNPO法人です。今回の活動では、新聞に書きたいことを読んでいただき、長崎に住む大学生の視点からフィードバックしてもらったり、新聞の見出しや全体の構成などについてアドバイスをいただいたりしました。客観的な視点から的確な指摘を頂き、伝えたい内容を整理することができました。また、自分たちが現地で学んだこと、知ったことを、人に伝えるという作業の面白さも感じることができました。

その後、2回のLHRの時間を使ってグループごとに協力して新聞記事にまとめ、夏休み前に全グループが無事に長崎新聞社にデータを送りました。今後、長崎新聞社のご協力のもと、グループごとに一枚の新聞にまとめます。完成した「オリジナル新聞」が送られてくるのが今から楽しみです。

 

写真1.JPG 写真2.JPG
Slopeersとのオンラインディスカッションの様子


写真3.JPG

書きたいことを新聞記事にまとめていきます。夏休み明けに完成予定です!

 

前のページへ戻る
TOP