夏休み前の図書室

220720library1.JPG

 

毎年恒例の「夏休み貸出」期間がやってきました。

図書室の貸出は通常5冊までですが、夏休み貸出期間は無制限!

夏休み前の図書室は、本を借りに来た英和生と教員で大賑わいでした。

 

今回は、初めての夏休み貸出を迎えた中学部1年生2人にインタビューをしてみました。

Q.何冊借りましたか?

Aさん「33冊です」

Bさん「48冊です」

 

Q.借りる本は事前に決めていましたか?
Aさん「はい。展示などでおすすめ本として紹介されていた本や、読んでいた本の続きなどを借りようと決めていました」

Bさん「はい。自分が好きな作家の本など、事前にOPAC(検索システム)で調べてリストを作っておきました」

 

Q.どんなジャンルの本を多く借りましたか?

Aさん「小説や哲学の本です」

Bさん「小説です。文庫本も単行本もたくさん借りました」

 

Q.たくさん借りた中から、特に楽しみにしている本を教えてください。

Aさん「寄藤文平『元素生活 完全版』と、坂木司『和菓子のアン』(中学部の図書活動委員おすすめコーナーより)です」

Bさん「辻村深月のエッセイ『図書館で暮らしたい』です」

 

図書室では、Google Classroomを使用して新着図書紹介や利用案内を配信しています。

夏休み前に配信した「夏休みに読もう!」は こちら から

23回配信「図書室からのお知らせ」より、613日号を公開します こちら から

図書室×進路特集。中3読書課題の本や、ガイダンスで紹介した本などを集めました。

初日は特別に始業前に開館。7時45分、すでにたくさんの本を確保している人も。

取り置きコーナー。中1から高3まで、様々なジャンルの本が選ばれています。

図書活動委員会のカウンター当番も大忙しです。

前のページへ戻る
TOP