中学部・高等部トップページ中学部・高等部からのお知らせ > 「ありがとう」と思えたらすべてはギフトにかわる -小巻亜矢さん-

「ありがとう」と思えたらすべてはギフトにかわる -小巻亜矢さん-

(1)上に大きく.JPG

2022/2/15

「ありがとう」と思えたらすべてはギフトにかわる

―小巻亜矢さん講演会―

 

 東洋英和では、自分の将来を見据えることに繋げていくという目的のもと、各界でご活躍の方からお話を伺う機会を多く持っています。

 今回は昨年計画していながらコロナ禍対応のため実現できなかった、小巻亜矢さん(株式会社サンリオエンターテイメント社長、サンリオピューロランド館長)のご講演です。

 卒業生でもある小巻亜矢さんからの『メッセージ』は、同じ「英和遺伝子」を受け継ぐ英和生に強く響きました。

 


 以下は小巻さんの『メッセージ』と生徒感想です。

『誰になんと言われようと、自分が1番惹かれるものをやっていくことが大切であり、まずは行動してみることが重要』/『自分の物差しを使って生きよう』

《感想》
私は人の目や言動を意識して行動してしまうことが多くあり、たとえ自分がやりたいと思うことであっても周りの人を意識して挑戦せず、後悔してしまうこともあった。これからは自分の気持ちを尊重して行動していきたいと思った。

 

『寄り道をするほど引き出しが増える』

《感想》
これに近いことを心の中では思っていたが、うまく言葉で表現できずにいて、小巻さんからこの言葉を伺った際には非常に感銘を受けた。すぐに結果を期待するのではなく(失敗も含めて)経験は全て人生の糧になると信じて成功を掴みに行こうと思う。

 

『本気になる瞬間は人生に必ずある。今やりたくないこと、頑張れない事は自分に合っていないだけ』

《感想》
どうしても頑張れないこと、自分と合わないものに直面したときにはそれにきちんと取り組めない自分が嫌になり投げ出したくなることもあったが、この言葉はそんながんばりきれない私の味方に立ち、自分が頑張れることにとことん夢中になっていいんだよと言ってくれているようで気持ちが和らいだ。何かを投げ出してしまうと、自己嫌悪に陥ってしまう私の性格には、今後もやりたくないことを完全に放棄する事は難しいかもしれないが、途中で挫折しても自分を責めなくてよいと思えればなんでも挑戦できる気がした。

 

『いつからでも、何度でも、人生はどうにでもなる』

《感想》
この言葉は様々な試練を乗り越えてこられた小巻さんならではの素敵なお言葉だ。18年の人生のうち挫折を味わったのは片手で数えるほどしかなく、今の私には実感は湧いてこないが、これから先様々なことを経験していく上で私を鼓舞してくれる言葉になっていくと思う

 

『東洋英和で学習できる恵まれた環境は、目に見えない勇気や力が合わさって、今後の自分の自信につながると思います』

《感想》
高校3年生である私はこの事を強く実感しています。英和が大好きな私は3月に東洋英和の卒業生の一員になれることを誇りに思っているし、東洋英和に入学して神様の御言葉に触れて成長できた私は幸せ者です。東洋英和でのすべての学びを大切にし、これからの糧にしていきます。

リモート期間中のため生配信もしています

真剣に聞き入る(入試準備のため出校の高校生)

質問にも丁寧に答えてくださいました

前のページへ戻る
TOP