安全な環境のために

2021/06/18

安全な環境のために

日差しはないものの蒸し暑いなか、エントランスでは工事の方たちが作業中。

よく見ると、金属の棒でタイルをたたいたり、こすったり。時々止まってはチョークで印をつけます。

そう、音でタイルの剥がれやひび割れを探しているんです。

この棒は「打診棒」といいます。

見つかった破損個所は、タイルを剝がして補修します。

こうして、校内の安全は守られます。

暑さの中、ありがとうございます。

コンコンコンと音がします。

叩いた音の違いで診断。

チョークで印をつけます。

熱中症対策の空調服。ファンが付いています。

前のページへ戻る
TOP