• 学院紹介
  • カリキュラム
  • 学校生活
  • 進路・進学
  • 国際教育
  • 施設・環境
  • 入試情報
  • 説明会・公開行事

中学部・高等部トップページ中学部・高等部からのお知らせ > 教育改革・入試改革の未来を考える

教育改革・入試改革の未来を考える

0.jpg

 9月21日(土)午後から東洋英和女学院中高部大講堂を会場に日本アクティブラーニング協会主催の【教育改革・入試改革の未来を考える】講演会・事例報告会が開催されました。

 教育改革の構想の現状と展望、中学・高校・大学で始まっている教育改革・入試改革の事例を題材に安西 祐一郎 氏(慶應義塾大学名誉教授)はじめとする7名の方からお話がありました。

 実は今回の講演会、最後の事例報告は本校の北崎高等部教頭と井上情報科教諭でした。

 井上情報科教諭からは、SNS型eポートフォリオ「Feelnote」を高等部で採用することになった理由と現在の使用状況、今後の大学入試改革にも繋がる活用方法についての報告。

 北崎高等部教頭からは「Feelnote」の授業での実践報告。どちらも、具体例をあげた大変興味深い内容で、聴衆からも多くの質問が寄せられ、大変活発な報告会となりました。

井上情報科教師による説明

北崎教頭の実践報告

前のページへ戻る
TOP