学校生活

中学部・高等部トップページ学校生活最新情報&トピックス2012年度 > 特別授業 中学3年 保健 「医薬品の正しい使い方」

特別授業 中学3年 保健 「医薬品の正しい使い方」

 

2012年6月18日(月)

 

学習指導要領の改訂により、平成24年度から中学保健体育の授業にて、「医薬品の正しい使い方」についての授業を実施することになりました。本校では3年前から毎年6月に学校薬剤師の佐藤恵子先生をお招きして、中学3年生の保健の授業で医薬品についての指導をしていただいております。医薬品が簡単に手に入るようになった現在、医薬品には、主作用と副作用があること、医薬品には決められた使用回数、使用時間、使用量などがあり、正しく使用する必要があることについて具体的に学び、医薬品に関する意識の向上に努めております。このことに関して、今回NHKや日本経済新聞等から取材を受けました。これを契機として、学校薬剤師・養護教諭・教科担当者が協力して薬の正しい知識・使い方についての学びをなお一層深めたいと考えております。


 

学校薬剤師の佐藤恵子先生にご指導頂きました。

NHKの取材があり、授業の様子がニュースで紹介されました。

授業の後半、生徒達はワークシートに取り組みました。

授業の後、数人の生徒がアナウンサーよりインタビューを受けていました。

前のページへ戻る
TOP