学校生活

中学部・高等部トップページ学校生活最新情報&トピックス2012年度 > 金環日食観察会の様子を掲載しました。

金環日食観察会の様子を掲載しました。

 

金環日食観察会

 

 2012年5月21日(月)

 DPP_kinkan120521tdai2a.jpg

めったに見ることのできない金環日食を、「ぜひ生徒たちに見せたい」という理科の先生たちの強い思いから、5月21日朝、金環日食観察会を行うことになりました。

観察会に参加を希望する生徒は、あらかじめ学校の購買で日食グラスを予約注文して購入したのですが、全校の7割もの生徒がグラスを購入していました。自分でグラスを購入して持参した生徒も合わせると、かなり多くの生徒が観察会に参加しました。

この日の朝はいつもより早めに登校、グラウンドに集まったたくさんの生徒たちが、太陽が欠けていく不思議な現象を観察しました。あいにく、うす曇りの天気でしたが、雲の切れ間から金環日食をしっかり見ることができ、みんな大満足でした。

朝7時15分、いつもより早めに、たくさんの生徒が登校してグラウンドに集合しました。

あらかじめ購買で買っておいた日食グラスを通して、太陽を見てみます。

この朝はあいにくのうす曇りでしたが、雲の合間から欠けた太陽が見えかくれしていました。

いよいよ金環日食が始まった頃、雲が晴れてきました。みんな大歓声。

東洋英和のグラウンドからは、東京タワーの真上に金のリングが輝いて見えました。

次にここで金環日食が見られるのは300年後。未来の英和生が同じ制服で太陽を見上げていることでしょう(?)

前のページへ戻る
TOP