学校生活

中学部・高等部トップページ学校生活最新情報&トピックス2012年度 > 中1歓迎礼拝の様子を掲載しました。

中1歓迎礼拝の様子を掲載しました。

中1歓迎礼拝

 

2012年4月20日(金)新マーガレット・クレイグ記念講堂

 

4月20日(金)、新入生を歓迎する礼拝が執り行われました。今年度は聖書科の教師であり牧師の北見先生からメッセージが送られました。お話は、高校野球で122対0という過去最大の得点差でコールドゲームとなった東奥義塾高校と青森県立深浦高校との試合の話で始まりました。どん底にたたき落とされ、その後も存続すら危ぶまれた深浦高校の野球部がこのコールドゲームから10年後に県大会にて一勝をあげることができたそうです。「どんなことがあっても、勇気を持って一歩ずつ前に出ること。それが輝かしい未来に繋がる。私達人間はもろくて弱い砂の器、しかしその器の中に神様から授かった豊かな力が納められている」という先生のメッセージから勇気と希望が与えられました。メッセージの後は、中学2・3年生がヘンデル作曲メサイヤより『Hallelujah』を合唱し、1年生への歓迎の気持ちを表しました。3年生の「歓迎のことば」とそれに答える「新入生のことば」を挟み、初めて三学年で校歌を歌いました。上級生にリードされながら、一生懸命歌う新入生の姿が印象的でした。
 

聖書科 北見先生からメッセージを頂きました。

新入生たちは、先生のメッセージに聞き入っていました。

中学2・3年生の合唱、ヘンデル作曲メサイヤより『Hallelujah』です。

中学3年生による、新入生への歓迎の言葉です。

上級生の「歓迎のことば」に新入生は少し緊張気味です。

「新入生のことば」は新鮮でした。上級生たちは自分たちが入学したころを思い出したことでしょう。

校歌をみんなで歌いました。

1年生も東洋英和の美しい校歌を一生懸命歌いました。

※東洋英和女学院の校歌は、中学部・高等部のホームページ「学院紹介/校歌」のページで聞くことができます。

前のページへ戻る
TOP