学校生活

中学部・高等部トップページ学校生活年間行事 > 2021年度 クリスマス讃美礼拝

2021年度 クリスマス讃美礼拝

2021年12月20日(月) 新マーガレット・クレイグ記念講堂

21XmasHP_TOP01.JPG

 中学部・高等部ともにクリスマス讃美礼拝が行われました。

 中学部の礼拝では、聖書科・朴先生から「絆創膏」と題してメッセージを頂きました。その後、中学1年生による、イエス・キリストのご降誕を表した聖誕劇「タブロー」が行われました。この劇は、イエス・キリストのご降誕に関する箇所の聖書朗読に合わせ、その場面を絵画のように表現する台詞のない劇です。

 高等部の礼拝では、吉岡康子牧師(日本基督教団吉祥寺教会)をお迎えし、「地には平和」と題してメッセージを頂きました。

※合唱に際しては不織布マスクの装着、座席間隔の確保など、対策を講じたうえで実施いたしました。

聖書科・朴先生により、「絆創膏」と題して説教が行われました。

各クラスの宗教活動委員が前に進み出て、クリスマス献金をささげ、皆でお祈りしました。

キャストはマスク装着。マリアのもとに大天使・ガブリエルが現れる!「恐れることはない…」「お言葉どおりこの身に成りますように」

悩むヨセフ。この後ヨセフのところにも大天使・ガブリエルが現れました。

羊飼いたちの元にイエス誕生の知らせが伝えられました。羊飼いたちは驚きました。

3人の博士による独唱。綺麗な歌声が大講堂に響きました。

タブローのフィナーレ。3人の博士から黄金、乳香、没薬が飼い葉桶に眠るイエス様にささげられました。

中学部の礼拝後、高等部が大講堂に入りクリスマス礼拝を行いました。座席間隔が空けられ、授業での音楽選択者が中心に大講堂に入りました。

聖書朗読 ルカによる福音書2章1~20節

皆で心をあわせてお祈り…。

前のページへ戻る
TOP