学校生活

中学部・高等部トップページ学校生活年間行事 > 2015 中学部鑑賞行事 狂言教室

2015 中学部鑑賞行事 狂言教室

2015年 12月8日(火)

Ⅱ学期の中間試験が終わった翌日、中学部では、九世 野村万蔵 氏をお迎えして、狂言教室を行いました。


日本文化が凝縮した狂言の世界を、本家家元の超一流の公演により堪能しました。また、分かりやすく楽しい説明は、狂言の世界をより身近に感じ取ることができました。

日ごろ国語や社会、芸術の授業で日本の文化を学習することはあっても、実際に触れる機会がほとんどない生徒にとって、本日の鑑賞行事はとても印象深かったと思います。

また、「どのように大きな声を出すのですか」、「女性の狂言師はいるのですか。」といった素朴な質問にも答えてくださいました。

毎朝礼拝をしている講堂が、洗練された笑いの場となり改めて日本の伝統文化の素晴らしさと親しみを感じた一日になりました。

《演目》   ※敬称略     

1. 解説  能村 晶人
2. 袴狂言 「盆山」 持主    河野 佑紀
盗人    野村 万蔵
3. 狂言 「附子」  太郎冠者 野村 万蔵
主人    河野 佑紀
次郎冠者 野村虎之介

   
               

  

まず最初に狂言の見所について、能村晶人氏より説明を受けました。

長い歴史のなかで洗練された「笑いの芸術」の楽しい説明に皆、釘付けでした。

重要無形文化財 九世 野村万蔵 氏の超一流の演技を拝見できました。

ついつい附子を全部食べてしまいました。

困った!主人が帰ってきてしまいました。

始めから最後まで面白く、心から楽しめました。また見たいと思います。

前のページへ戻る
TOP