学校生活

中学部・高等部トップページ学校生活年間行事 > 中学部鑑賞行事 日本舞踊教室

中学部鑑賞行事 日本舞踊教室

2013年12月9日(月)

毎年中学部では、中間試験最終日の翌日に鑑賞行事が行われます。今年度のⅡ学期の鑑賞行事は、『日本舞踊振興財団(財)』のご協力を得て、日本舞踊教室が行われました。日本舞踊に関わる卒業生の皆様に早くから準備をしていただき、素晴らしい鑑賞行事となりました。舞踊とそれを引き立てる演出や舞台効果は素晴らしく、日本舞踊が総合芸術であることがよく分かりました。舞台効果には中学2年生や教 師、設備や用務といった方々が加わり、見事な舞台を作りあげました。鑑賞するだけでなく、皆で作り上げる喜びを感じることができました。

舞台のトリを努めてくださった人間国宝の西川扇藏氏 の舞踊は、極めてなめらかでぶれのない身のこなしと、指先までに渡る繊細な手の表現が息をのむほどに見事でした。日本舞踊の奥の深さ、素晴らしを堪能することができました。

様々な国の人々と交流する世の中だからこそ、日本人としてしっかりと自国の文化を理解し、紹介していかなければいけないと思います。日本文化の素晴らしを感じるよい機会となりました。ご協力頂きました皆様、有り難うございました。

【プログラム】

第1部
舞踊       「菊づくし」      立方 課外 日本舞踊教室
体験プログラム  「日本舞踊って?」
*邦楽器の音を聞いてみましょう。
*扇子で花を咲かせてみましょう。
*舞台で演奏に合わせて踊ってみましょう。  
「藤の花」
第2部
舞踊       「鷺娘」        立方 中村 梅彌
                           人間国宝
舞踊       「七福神」       立方 西川 扇藏
後見 西川 扇重郎  西川 一右
演奏 長唄  唄    東音 林 典子   東音 小林 百合
 三味線  東音 越智 義乃  東音 山口 由紀
鳴物       藤舎 千穂  藤舎 理生  望月 晴美
藤舎 朱音  藤舍 清穂  
     
舞踊指導     藤間 春素娥  花柳 橘弥
照明・幕     東洋英和女学院中学部 有志の方々
進行       西川 祐子

幕開けは、課外日本舞踊教室の生徒達による「菊づくし」です。

長唄、三味線、鳴物の実演をそれぞれして頂き、邦楽器の特徴を学びました。

日本舞踊振興財団の西川祐子さんは、東洋英和の卒業生です。西川さんより、扇子の使い方を教えて頂きました。

中学1年生による「扇子で花を咲かせましょう」です。綺麗に咲きました。

11月と12月の二回に分けて日本舞踊ワークショップが行われました。その参加生徒が、舞台上で「藤の花」を踊りました。

第2部の「鷺娘」の冒頭の幻想的なシーンです。蛇の目傘をさした白無垢姿の鷺娘がたたずんでいます。 恋に悩む女の苦しい胸のうちを踊りはじめて、恨みの心を見せます。

がらっと変わり、赤い町娘の姿で華やかな恋心を表現します。

姿はまた変わり、蛇の目傘を手にして乙女心を表現します。

恋に迷った娘は白鷺となり、地獄の責めの苦しさに羽をはばたかせて苦悩します。
中村梅彌さんの美しい見事な舞踊に魅了されました。

人間国宝の西川 扇藏 氏 の舞踊に皆の視線が釘付けになっていました。

前のページへ戻る
TOP