学校生活

中学部・高等部トップページ学校生活年間行事 > 2012年度 クリスマス礼拝

2012年度 クリスマス礼拝

2012年12月20日(木) 新マーガレット・クレイグ記念講堂

 

東洋英和ではクリスマス礼拝をもって、年内の学校生活が終わります。時代を超えて人々に希望をお与え続けてくださるイエス・キリストの誕生を今年度も礼拝を通してお祝いしました。


クリスマスは、キリスト教にとってイースター(復活祭)と並ぶ大切な日です。この日を迎えるまでの3~4週間を、アドヴェント(待降節)と呼び、救い主イエス・キリストの降誕を待ち望みながら静かに過ごします。アドヴェントの期間、毎朝の礼拝ではイエス・キリストが降誕なさった意味、それを待ち望むことの意味を教えられます。

中学部では讃美礼拝の後に中学1年生によるイエス・キリストの誕生を表現した聖誕劇が行われます。この聖誕劇は毎年「タブロー」と呼ばれる劇にて演じられます。タブローとは、フランス語で「絵」という意味です。出演者 は讃美歌や楽器の音色に合わせて、一場面ごと絵本のページをめくるように演じていきます。台詞も大きな動作もない、まさに絵を見ているような静かな劇です。

高等部の讃美礼拝では、日本基督教団 青山教会 増田将平牧師をお迎えして、「あなたがたのために救い主がお生まれになった」という題でお話を伺いました。説教の後には神様への感謝の応答として、聖書の朗読と「メサイア」の合唱を交互に織りなしながら讃美を献げました。礼拝の最後には生徒も教師も一つとなって、イエス・キリストの誕生の喜びと感謝を表す「Hallelujah」が声高らかに歌い上げられます。
 

今年もクリスマス礼拝の日となりました。毎日行われる礼拝とは少し違い、厳かな雰囲気となります。

中学部聖誕劇、受胎告知の場面です。神のみ使いがマリアに対し、子どもを身ごもること、その子が救い主であることを告げます。

天の使いが羊飼いのところに現れて、イエスの誕生を告げる場面です。救い主の誕生が最初に告げられたのは、当時社会的身分が最も低かった羊飼いでした。

三人の博士が旅をして、救い主に会いに行く場面です。

赤ん坊のイエス様の左右にマリアとヨセフ、それを囲むように、み使い、羊飼い、三人の博士が集い、救い主の誕生を祝いました。

高等部の礼拝では、日本基督教団 青山教会の増田将平先生よりクリスマスのメーセージを伺いました。

高等部の礼拝では、高三生徒の代表者達が聖書朗読をします。

聖書朗読の合間に合唱が行われます。最後は全員で「Hallelujah」を大合唱します。

独唱の場面では器楽科の生徒が伴奏しました。

今年も献金が献げられました。そして、多くの人々を救ってくださる神様のお働きのために用いてくださるようお祈りが献げられました。

前のページへ戻る
TOP