学校生活

中学部・高等部トップページ学校生活年間行事 > 2012年度 中学部球技会

2012年度 中学部球技会

2012年11月22日(木)

 

 中学部の球技会は、例年11月の下旬に行われます。

 中学生たちは体育祭や楓祭の終わる10月から、もうすっかり「球技会」モードに入って、この一ヶ月間休み時間や放課後にチームで集まって練習を繰り返してきました。

 球技会は、バスケットボール、バレーボール、卓球の三種目です。各クラスでチームを作り、クラス対抗で行います。運動の得意な生徒も、また運動は苦手な生徒も、教え合ったり、チームを盛り上げたり、それぞれの持ち味をうまく生かして、団結力を生み出していきます。

 こうした、心から信頼できる多くの友達との本当の交わりを通して、友情や、互いを思いやる気持ちが深まってゆくのです。

 

 総 合 順 位

 
優 勝
準優勝
中2、中3の部
中3−4
中3−2
中1の部
中1−5
中1−4

このペナントの獲得を目指して各チームが競い合います。さて何枚のペナントを教室に飾ることができるでしょうか?

試合前、担任の先生も一緒になって、肩を組んでエール。

初冬の、気温の冷え込んだこの日でしたが、みんな元気いっぱいにプレー。

毎日手にアザができるぐらいレシーブの練習をしてきました。その成果を発揮します。

中1のバスケットの試合。華麗なシュートが決まります。

中2、中3のバスケットの試合はさらに白熱。

卓球の試合も、たくさんの応援のかけ声で盛り上がります。

卓球も団結力が鍵。3年4組はバスケ・バレー・卓球の全種目で優勝し、総合優勝を獲得しました。

中1の部では、1年5組の元気なパワーが他を圧倒しました。

中学部の球技会では、各クラスでおそろいのハチマキを作ります。ハチマキの表裏にはクラスメイトが思い思いのメッセージを寄せ書きしています。

前のページへ戻る
TOP