学校生活

2014年度 楓祭

第46回 楓祭 2014年10月24日(金)25日(土)

2014年度楓祭は「Prism」をテーマとしました。

今年度は天候に恵まれ、台風で日程が延期となった昨年と比べて、約2倍の方にご来校いただき、生徒の発表をご覧いただくことができました。

英和生それぞれが自分に与えられた賜物を思う存分発揮している様子を、ご来校のみなさまにもご覧いただけたことと思います。

楓祭は英和生に最も人気のある行事です。

半年の間、この二日間を目指して準備を重ねてきました。

特に今年は「創立130周年」の伝統・歴史を意識し、それに恥じない発表を、と準備してきました。

笑ったことも泣いたことも、すべてがこの二日間に集約されています。

文化系クラブの展示、ステージ系クラブの公演、運動系クラブの招待試合、各学年の展示や有志参加まで、多彩な英和生のエネルギーをこの記事をご覧になってくださっているみなさまにも感じ取っていただき、元気になっていただけたら幸いです。

 

前の行事に戻る  行事一覧  次の行事に進む

エントランス上を見上げると、そこには今年のテーマ「Prism」が!

実は、みなさまをお迎えするアーチは、毎年、先生と生徒が一緒に立ち上げています。

今年の正門を飾るアーチは「創立130周年」を意識してデザインしました。

中学1年生が書写の課題で書きました。文字にもうちわのデザインにもそれぞれの個性が輝いています。

ダンス部公演は「アナスタシア」。キャストも照明も装置も衣装も一丸となって頑張りました。

手芸部のテーマは「パステル」。女子の夢がいっぱい詰まった甘いドレス、いかがですか?

地歴部のテーマは「花子とアンの世界」。尊敬する卒業生村岡花子さんの生き方に迫ってみました。

音楽部公演は「アリスの恋人」。写真では自慢の歌声をお伝えできないのが残念です。

前のページへ戻る
TOP