学校生活

中学部・高等部トップページ学校生活年間行事 > 2013年度 カナダ語学研修

2013年度 カナダ語学研修

2013年7月18日~8月7日

2013年度のカナダ語学研修は高二1名、高一17名、中三14名と引率教師2名にて7月18日から8月7日まで行われました。今年は最初の10日間がニュー・ブランズウィック州のマウント・アリソン大学(MTA)の研修、後半10日間はプリンス・エドワード島(PEI)での体験学習となりました。

 マウント・アリソン大学では、寮に泊まり、午前中は語学学習、午後はゲームをしたり、周辺の観光などのアクティビティが用意され、充実の毎日を過ごしました。

 その後、バスでプリンス・エドワード島シャーロットタウンまで移動し、2名ずつ1家庭で、10日間ホームステイを体験しました。ルーシー・モンゴメリー作『赤毛のアン』は、世界中で愛されている物語ですが、東洋英和女学院の卒業生である村岡花子による翻訳が日本人の感性に強く訴えるからでしょうか、特にプリンス・エドワード島は日本人観光客がよく訪れる地でもあります。町の中を散策したり、地元の子どもたちと交流したりと、教室での英語学習とはまた違った異文化コミュニケーション体験を楽しむことができました。またホストファミリーとは一緒にビーチに行ったり、ホームパーティーに参加させていただいたりと、親交を育み、最後は名残惜しくお別れし、東京に戻ってきました。

旅 程
7/18 成田空港→トロント経由
モンクトン空港着→サックビル(ニュー・ブランズウィック)
7/19

7/27
サックビルにて
マウント・アリソン大学(MTA)での語学研修
寮に滞在
7/27 サックビルからシャーロットタウンへ移動
7/27

8/6
シャーロットタウン(プリンス・エドワード島)
語学研修、子供たちとの交流、「赤毛のアン」ツアー等
ホームステイ
8/6 モンクトン空港発→トロント経由
8/7 成田空港着

Maunt Allison 大学に到着して、まずはオリエンテーション。気さくでとても優しい大学生たちが英和生の生活をサポートしてくれました。

大学のダイニングでは大学生と一緒にご飯をいただきます。

午前中はみっちり英語の授業(ESL)です。今まで受けた英語の授業の中で一番楽しい~なんて声も…!?

真夏のハロウィンパーティー。それぞれ工夫を凝らした服装でかぼちゃならぬスイカでジャコランタンを作りました。

子どもたちに折り紙や漢字を教えてあげました。皆とても優しいお姉さんです。

ESLの時間を使って皆で準備してきたプレゼンテーションを最終日に発表しました。とても充実した内容でした。

修了証をいただいて、MTAでのプログラムが終わりました。さあ、いよいよPEIへ!

赤毛のアンツアーではアンに会うことが出来ました。事前に英語で読んだアンの世界を堪能しました。

地元の子どもたちに自作の紙芝居「浦島太郎」を紹介しました。

お世話になったホストファミリーと。お別れは淋しいけれど、また会えることを信じて、、、

前のページへ戻る
TOP