学校生活

中学部・高等部トップページ学校生活年間行事 > 第35回中学部合唱コンクール

第35回中学部合唱コンクール

2012年6月29日(金) 新マーガレット・クレイグ記念講堂(大講堂)

 

  毎年6月最後の金曜日には、中学部合唱コンクールが行われます。この合唱コンクールは中学生にとって、クラスの絆を深める最大の行事です。

 

 今年度も各クラスが春先から選曲・練習を一丸となって進めてきました。 

 5月の中旬頃からは、音楽の授業以外にも、朝礼前や授業の合間のわずかな休み時間をも使って自発的にピアノのある場所に集まって、猛練習を重ねます。時にはなかなか思うように練習が進まなかったり、人が集まらずに、涙を流したりぶつかり合うこともあります。

 それでも、難曲に取り組み、葛藤を乗り越えることで生徒たちは大きく成長していきます。

 

 そして、本番当日。心を一つにし、仲間を信頼して、舞台に上がります。

  

 

中1の初々しい歌声が大講堂に響きます。入学以来二か月半を経て、クラスのハーモニーもまとまってきました。

今年度は中2が、練習の段階から各クラスとも気合いの入った取り組みで、レベルの高い合唱を披露しました。優秀賞を受賞した2年1組。

さすが、3年生の貫禄。ハーモニーにも、歌の解釈にも、上級生らしさがあふれています。3年3組は優秀賞を受賞。

中学3年生にとって、心を合わせて歌ったこの最後の合唱コンクールは、生涯忘れることのない思い出となります。3年5組は優秀賞を受賞。

合唱コンクールは、中学部中央委員会が主催して行っています。さまざまな準備から当日の運営・進行まで中央委員の生徒が担当しています。

今年度の最優秀賞は3年4組が受賞しました。発表の瞬間、思わず仲間と抱き合って喜びを分かち合います。

最優秀賞の3年4組は、よく通る澄んだ歌声と整ったハーモニー、豊かな表情が高く評価されました。

指揮者賞や伴奏者賞に輝いた生徒たち。苦労を乗り越えて結果を出した、充実した笑顔です。

前のページへ戻る
TOP