学校生活

中学部・高等部トップページ学校生活年間行事 > 2016年度 中学部3年生 学年行事

2016年度 中学部3年生 学年行事

2016年5月11日(水) JFEスチール東日本製鉄所

 中学部3年生のこの時期の行事は「遠足」と決まっていますが、どこへ行くかはその年度によります。今までの例では、「社会と共に生きる」という総合学習の目標に向けて、キッザニアに行った学年あり、なかなかできないということで湘南の海で地引網を引いてみた学年あり、葛西臨海公園・水族園で楽しく遊んだ学年あり。今年度は夏休みに行う職場体験の一環として、また、担任5人の趣味により、JFEスチール東日本製鉄所を見学させていただくことになりました。

 行き先を発表したときの生徒は、驚きのあまり一瞬静まりかえったあと、「なんで製鉄所ですか?!鎌倉とかキッザニアとか水族館じゃなくて?!」と質問の嵐でした。「学校でしか行くことはできないから、卒業後も絶対覚えている遠足になるから、とにかく巨大だから...」と様々に説得し、当日を迎えました。

 JFEスチール東日本製鉄所は、製品になる前の様々な鉄の板を製造していらっしゃる工場です。学校からバスに乗り込み、製鉄所に到着しましたが、敷地内も広大なのでバスでの移動となりました。製鉄所での仕事の概要をホールで説明していただいた後、工場の中を見せていただきました。ヘルメットをかぶって工場内に入ると、ものすごい轟音とともに真っ赤に燃えた、出来立てほやほやの巨大な鉄の四角い塊が目の前に現れ、巨大なベルトコンベアに乗ってプレス機を行き来する間に、だんだん薄い板になっていきます。1000℃を超える熱気と鉄の巨大さ、水蒸気、振動、轟音の迫力に圧倒され、「まるでジブリの世界だ...」「何かのアトラクションみたいだ...」と、この世のものとは思われない光景に目を丸くしていました。卒業後も記憶に残る行事であったことは間違いありません。

 製鉄所を後にして、東扇島東公園まで移動後、お弁当をいただきました。天候が心配されましたが、なんとか雨も降らずに外でいただくことができました。また、小さな浜辺で蟹を見つけたグループもありました。

 中3では夏休みに職場訪問を行い、それを中心として自分の将来について考えを深めていきます。その一環として日本の産業を根底から支えてきた製鉄所のスケールを見てもらおうと選ばせていただいた訪問先でした。短い一日でしたが、この世に存在する品物はたくさんの人達の仕事で作られているということ、そして、誇りを持って仕事をすることがどんなにすばらしいことかを生徒も感じ取っていました。笑顔で出迎えてくださった、お仕事について熱く語ってくださったJFEの職員の皆様にこの場をお借りして心より感謝申し上げます。

クラスごとにバスでJFEに向かいます。みんなと一緒ならとりあえず楽しい!

JFEスチール東日本製鉄所に到着。すでに現実離れした風景です。工場内は撮影禁止なので写真がないのが残念です。

広大な敷地内をしばらくバスで移動した後、ホールで仕事の概要を説明していただきました。

東扇島東公園でお弁当。強風で飛ばされそうになりましたが、それもまた面白がっていました。

東京湾をバックに友達とおしゃべり。

友達と記念撮影。

小さな浜辺で磯遊び。結構いろいろな貝が落ちていました。

蟹を発見!

前のページへ戻る
TOP