学校生活

中学部・高等部トップページ学校生活年間行事 > 2014年度 スキー教室

2014年度 スキー教室

3月23日(月)~26日(木)

53年目を迎えた中学部スキー教室(希望者参加行事)。

今年も長野県志賀高原・一の瀬ファミリーゲレンデを中心に行われました。

スキー教室のインストラクターは、約50年間にわたって英和の先生たちが担ってきました。

先生たちはこのスキー教室のために、3月初旬に研修を実施して指導技術を磨いてきており、また志賀高原のゲレンデを知り尽くしています。

ですから、的確な指導で初心者から中・上級者までがそれぞれ技術を伸ばし、スキーを十分に楽しむことができます。

また、例年通り整形外科のドクターにも同行していただき、健康面の管理もなされて、安全にスキーを楽しむことができました。

今回は1日目から3日目まで雪続きで天候には悩まされましたが、4日目にようやく快晴となりました。

そしてこれまで降り続いてたっぷり積もった新雪がとても気持ちよく、帰るのが惜しいほどのコンディションでした。

スキー教室は、野尻湖での夏期行事とともに、野外での共同生活を通じて、人間関係を大切にする精神を育てる東洋英和の教育方針が現された教育活動です。

それぞれの成長とスキーの上達があり、特に初めてスキー教室でスキーをした生徒たちは、別人のように上達しました。

初心者班の1日目。宿前の斜面で歩く練習から。

教えるのは英和の先生。板を押さえてもらいながらプルークで、さぁ滑ってみようかな。

みんな大好き。天狗コース。

前日の降雪で3月に新雪のパウダースノー!これだからスキーはやめられません。

ようやく最終日の快晴。抜けるような青空の下で滑れました。

班の集合写真。インストラクターは学校案内の2ページ目の先生です(中学部長)。

高天ヶ原ゲレンデを望んで。広い志賀高原を大移動して滑りました。

こちらは一の瀬ファミリーの山頂から。

1班がフォーメーションスキーを披露。

また次もこの場所で。

前のページへ戻る
TOP