国際教育

中学部・高等部トップページ国際教育生徒体験記留学制度 記事一覧 > 2017年度 短期留学の生徒体験記(オーストラリア)

2017年度 短期留学の生徒体験記(オーストラリア)

「オーストラリア St. Margaret’s Anglican Girls School」

学年:

期間:2018年1月20日~3月29日

私たちは1月20日から3月29日の約10週間をオーストラリア、ブリスベン市内にあるSt. Margaret's Anglican Girls Schoolで過ごしました。この学校は敬虔な英国国教会系の女子校で創立123年の歴史を誇っています。同時に、モットー「上を目指して羽ばたく」に従って国際化社会に貢献できる女性を育てることを目的としており、生徒がそれぞれの長所を生かすことができる開放的な校風を持つ学校でもあります。

今回の短期留学で私たちが目当てとしたのは、異なる価値観を肌で感じることです。学年の1割が留学生、また高校1年生の3割は留学経験があるという環境の中で私たちはこの目標に多いに近づけたと感じています。私たちが異なる価値観を発見することができた例をいくつかご紹介したいと思います。

1つ目は勉学の目的です。この短期留学中、すべての教科でアナライズという言葉を聞きました。あらゆる教科を勉強する上で現状やデータを分析して解決策を得る、と言う力を養うことが重視されています。これはこの情報社会を生きる私たちにとって必要不可欠な力であるからです。この姿勢は授業だけでなく試験の形態にも表れており、同じ範囲を学んでもその方法によって得るものは大きく変化するという事を学びました。

2つ目は礼拝の構成です。幸運なことに、私たちは灰の水曜日やinternational women's day、イースターの礼拝に参加することができました。これらの全校で行う礼拝のほかに寮生のみで行われるボーダーズチャペルにも参加する機会を得ることができました。その中で印象的だったのは説教の方法です。ある礼拝ではジャグリングが得意な生徒2人が全校生徒の前でジャグリングをし、それを通して人生のバランスについて学ぶことができました。イースター礼拝では、先生と生徒たちによる劇を通してイースターの意味を考えました。礼拝中には讃美歌を歌う機会も多く、生徒たちが礼拝をとても身近に感じている様子に感銘を受けました。

3つ目は、生徒が主体となる活動が多いことです。監督生や各チームスポーツのキャプテン、ハウスキャプテン、アートキャプテン、ミュージックキャプテン達は誇りを持って、それぞれの分野で多くの生徒たちをまとめる役目を担います。そして下級生たちはそのような先輩たちの姿に憧れを抱いて日々切磋琢磨しています。またyear10の学年行事であるキャンプでも、ルートや1日のスケジュールを全て自分たちで考えるという自主性の高さを垣間見ることができました。

ここまでは新たな発見についてお話してきましたが、この機会を通して変わらないものに気づくことができました。それは、人と人とのつながりの大切さです。慣れない環境において、いつでも手を差し伸べてくれる友人と出会えたことは本当に幸運なことでした。同時に、人とのつながりが増えていくことの嬉しさを噛みしめることもできました。これから先、私たちは多くの出会いを経験することになると思いますが、この経験を忘れずに人とのつながりを大切にしていきたいと思います。

最後になりましたが、このような素晴らしい機会を与えてくださり、あらゆる面でサポートしてくださった東洋英和とSt.Margaret'sの先生方と友人、そしてなによりもこの短期留学をみまもり、お恵みのうちに過ごさせてくださった神さまに心からの感謝を述べ、私たちの報告とさせていただきます。

               

Good morning, everyone. I'm glad to have this kind of opportunity to report our great experiences in Australia. We stayed at St.Margaret's in Brisbane for almost 3months. For over 120 years, St.Margaret's has encouraged the education based of Christianity. Following their motto "Born to fly upwards", they has educated women who can use their own talents in order to contribute to international society.

          

During our stay, our purpose was to understand differences between Toyo Eiwa and St.Margarets value, and general differences between Japan and Australia. Ten percent of the students in each grade are international students. Also, thirty percent of the Yr.10 students have the experience of studying abroad. Among this international circumstance, we could achieve our purpose. We'd like to introduce what we discovered.

          

First, we felt a big difference in education program. In classes, the teachers often used the word "Analyze". Why? Because the ability of analysis is necessary in this information-oriented society. We had to use this technique not only in class but also in the exam. We found that even though if we learned the same contents, what makes differences is how we learned.

           

Secondly, the circumstance of worship was interesting. Fortunately, we could take part in special services, such as international women's day service, Ash Wednesday service, and Easter service. Also, we had a chance to participate in chapel with other boarders. The most impressive thing in chapel is how they preach a sermon. One day, a preacher gave a chance to two students to do juggling in front of all students. By looking at the performance, we learned the balanced life.At the Easter chapel, we could think about the meaning of Easter through a play. We were impressed how worship was a familiar part of their daily lives.

               

Next, I Would like to talk about the high ability of leadership of the students. Year12 students have leadership responsibilities in the school, such as prefect, house captain, boarder captain, and they are proud of their roles and actively lead many students in each fields. By doing so, they develop their leadership skills among students. Also, we could see this ability during the Yr.10 camp as well. Students planned and decided the route and schedule all by themselves. We were so surprised at their activeness.

             

Until now, we talk about differences between here and in St.Margaret's, but from now on, I'd like to talk about the similarities among two. What do you think that is? It's the importance of friendship. It was our great pleasure to meet many good friends. From this fulfilling experience of meeting precious friends at St.Margaret's, I want to value friendship through out my life.

               

At the end, we'd like to appreciate to our kind teachers and friends in Toyo Eiwa and St.Margaret's for give us this wonderful opportunity, and help us so much.

          

Moreover, we'd like to extend our sincere gratitude to God who watches over us during our stay.

               

Thank you for your attention.

前のページへ戻る
TOP