2022年度 追悼記念日礼拝が行われました(動画を掲載しました)

2022/10/06

10月1日(土)13時30分より、新マーガレット・クレイグ記念講堂にて追悼記念日礼拝を守りました。
この礼拝は学院と同窓会の共催で、一年間に永眠された旧教職員、学院関係者、同窓生を偲び祈りを捧げます。本年も新型コロナウイルス感染防止のため、参加者を限定しての実施となりましたが、学院と同窓会の代表者に加え、3年ぶりに高等部三年生が在校生代表として参列することができました。


DSC01119_1.jpg

大漉知子かえで幼稚園長の司式、武田ゆり学院オルガニストによる奏楽のもと、伊勢田奈緒学院宗教部長による聖書朗読、祈祷が行われたのち、永眠された方々のお名前が読み上げられ、J.S.バッハ作曲「来たれ、汝安らかな死の時よ」のオルガン奏楽のもと追悼の時をもちました。続いて、髙橋貞二郎副院長が「共におられる主」と題して説教を行い、最後に、学院・学院同窓会・大学同窓会楓美会を代表して、増渕稔理事長・院長が挨拶されました。
本年も従来のような礼拝後のお茶の会での語らいの時をもつことはできませんでしたが、それぞれの心の中で永眠された本学院関係者の方々を覚えつつ過ごす一日となりました。


  • 大漉知子 かえで幼稚園長


  • 髙橋貞二郎 副院長


  • 伊勢田奈緒 学院宗教部長


    • 増渕稔 理事長・院長


      • 追悼記念日礼拝 次第



当日の追悼記念日礼拝の様子は以下より動画でご覧いただけます(音量にご注意ください)。



 ○次第の「前奏」から「聖書・祈祷」まではこちら(YouTube動画)



 ○次第の「追悼の時」から「挨拶」まではこちら(YouTube動画)



   ※プライバシー保護の観点から、次第の「永眠者氏名報告」は掲載しておりません。

  


◆追悼記念日礼拝とは
第11代、13代の校長を務めたミス・クレイグは、病に倒れカナダに帰国し1923年10月1日に亡くなりました。学校の一同が集まり共に祈りを捧げる大切な場所である講堂の建設を切望していたミス・クレイグの遺志のもと、先生の遺産とカナダの友人達からの寄付が集められ、さらにはカナダ婦人ミッション(WMS)からの寄付も加わり、1933年3月に「マーガレット・クレイグ記念講堂」が竣工となりました。
そして当時の校長であったミス・ハミルトンの提案により、ミス・クレイグの命日である10月1日が、その年に亡くなられた東洋英和に関係する人々を追悼する日と定められ、1933年以来、学院では毎年10月1日の追悼記念日礼拝を守り続けています。

  • craig.JPG

    ミス・クレイグ

  • hamilton.JPG

    ミス・ハミルトン

このページの先頭へ