村岡花子文庫展示コーナー「村岡花子文庫 書斎のなかの宝もの」

2017/09/26

東洋英和女学院は2015年に村岡花子の蔵書を村岡家からご寄贈いただきました。
およそ和書が1150冊、洋書が760冊におよぶ蔵書は「村岡花子文庫」と呼ばれ、これらの蔵書のうち和書の目録は卒業生、旧教職員のボランティアの方々のご協力を得て完成に近づいています。今回の展示は、その蔵書目録作成作業の折々に発見された村岡花子ゆかりの品々と書斎での愛用品を紹介していきます。時には思わず微笑んでしまうような意外なものがはさまれていたり、交友関係をしのばせるたよりが出てきたり...。村岡花子の創作現場の雰囲気、その人柄を感じてみてください。
201709hanako.jpg

企画展会期
2017年9 月27 日(水)~2018年 3月24日(土)


展示場所
六本木校地 本部・大学院棟1階ロビー(※洗面室はご使用になれません)


展示時間
日曜日・祝日・長期休暇以外 9:0 0 ~ 2 0:0 0(土曜日は 9:0 0 ~ 1 9:0 0)


おもな展示資料
◆柳原白蓮『則天武后』(白蓮から花子への献辞あり)
◆片山廣子『野に住みて』(廣子の告別式通知と晩年の写真あり)
◆吉屋信子から村岡花子へのお礼のはがき
◆村岡花子愛用品(めがね、懐中時計、こより、名刺ほか)
◆花子の書斎に掛けられていた「赤毛のアン」の絵/林 芙美子の詩稿/今井邦子の色紙
※「林芙美子の詩稿」と「今井邦子の色紙」は資料保護のため交代で展示いたします。
 2017年
 9月27日~10月21日 「林芙美子の詩稿」
 10月23日~11月25日 「今井邦子の色紙」
 11月27日~冬期閉館前 「林芙美子の詩稿」
 2018年
 新年開館日~2月24日 「今井邦子の色紙」
 2月26日~3月24日  「林芙美子の詩稿」


※同時開催 学院資料展示コーナー企画展

このページの先頭へ