東洋英和女学院大学トップ施設・研究所・生涯学習生涯学習センター > > 和アロマで楽しむ、季節のアロマクラフト

生涯学習センター

和アロマで楽しむ、季節のアロマクラフト

 日本には豊かな森があり、古くからその樹木は神事に使われ、建築物や家具が作られてきました。黒文字、匂辛夷、檜、杉、翌檜、姫小松、山椒、柚子、橙など日本の森にある樹々の香りは、日本に住む人々にとって懐かしく優しいだけではなく、人々の心身のバランスを取り、私たちを元気づけたりリフレッシュする手助けをしてくれます。例えば、お茶事の楊枝として使われる黒文字には、安眠効果や認知症を抑制する効果が期待されています。
 この講座では、主に飛騨高山の森の樹木の特徴や精油の機能、自然と人間との結びつきを学びながら、毎回、お好きな香りや、目的に合わせた精油を使ってルームスプレーやハンドクリームなどを作ります。日本の森の恵みを日々の暮らしに取り入れて、心身共に健やかに暮らしましょう。
材料・資材費別途:各回2,500円程度
テキスト代:1,512円(予定)

講座内容:学期完結

講座概要
講座番号251
担当教員石塚 喜三枝
曜日・時間木曜日 13:10~14:40
講座学期・日程4/25 5/9 6/13 7/11 8/29 9/12
受講料12,000円
定員12名
申込締切4/12(金)
その他体験OK 途中参加OK 割引対象