大学概要

学長プロフィール

池田 明史 (いけだ あきふみ)

1955(昭和30)年10月神奈川県生まれ

専門

国際政治学、地域研究(中東)

略歴

1980(昭和55)年東北大学法学部卒業
(在学中に二年間英国スターリング大学およびオクスフォード大学留学)
1980(昭和55)年アジア経済研究所に研究員として入所
動向分析部、総合研究部などに所属し、中東の現代政治分析を担当。イラン革命、イラン・イラク戦争、レバノン戦争、インティファーダ、湾岸危機・戦争、中東和平プロセスなどの分析と研究に従事。この間、1984~1986(昭和59年~61)年イスラエル・ヘブライ大学トルーマン記念平和研究所客員研究員、1994~1995(平成6年~7)年英国オクスフォード大学セントアントニーズ校客員研究員、1995~1996(平成7年~8)年トルーマン研究所客員教授などで長期在外研究。
1997(平成9)年4月東洋英和女学院大学社会科学部に助教授で着任
2001(平成13)年4月 社会科学部教授(大学院兼担)
2003(平成15)年4月国際社会学科主任 2005(平成17)年3月まで
2005(平成17)年4月国際社会学部長 2009(平成21)年3月まで
2009(平成21)年4月副学長 2014(平成26)年3月まで
2014(平成26)年4月2014(平成26)年4月 学長
この間、埼玉大学、東京大学、大阪市立大学、筑波大学、神戸大学、横浜国立大学、青山学院大学、国際基督教大学等で兼任講師(国際関係論、政治学など)。

主要な著作・論文等

「中東政治学」(共著、有斐閣、2012年)
「イスラエルを知るための60章」(共著、明石書店、2012年)
「イスラエル国家の諸問題」(編著、アジア経済研究所、1994年)
「中東和平と西岸・ガザ」(編著、アジア経済研究所、1990年)
「現代イスラエル政治」(編著、アジア経済研究所、1988年)
「中東」(共著、自由国民社、2002年【第三版】)
「帝国アメリカのイメージ」(共著、早稲田大学出版会、2004年)
「大量破壊兵器不拡散の国際政治学」(共著、有信堂、2000年)
「中東問題が一番よくわかる本」(共著、日新報道、1991年) 他

学会活動

日本国際政治学会
国際安全保障学会
英国中東学会

趣味

スキューバダイビング
料理