学校生活

TEMA2018 その4

TEAM news 2018年8月10~11日

4日目は見学の1日になりました。
市場や織物工房、実際の湖上生活を直に見ることで、今まで抱いてきた漠然としたミャンマーのイメージを、きちんと自分のものとして落とし込むことができたようです。
現地の方だけでなく観光客の方たちとも会話ができるようになってきました。

 

5日目から、少しずつ勉強が始まります。
日本兵のお話し、医療現場の現状と問題、厳しい現実と向き合うべき過去に触れました。

 

TEAM(ToyoEiwa Activities for Myammar)とは

インレー湖をボートで視察しました。

湖上でお土産の購入。
みんな値切り上手!

女性厳禁!金の塊の中身は仏像です。

市場は5日に1回開かれます。
まるでお祭りのよう。

バイクを改造したトラックでの移動。
スリル満点!

インレー湖にかかるウー・ベイン橋。
ボートで帰りました。

建造途中のままのミングォンパゴダ。

ジャパンハートにて歌のプレゼントと寄付をしました。

マンダレー近郊のザガインヒルにて。
周囲には多くの仏閣があります。
太平洋戦争中、マンダレーには日本陸軍の基地が置かれ、多くの日本兵が亡くなりました。
この付近には日本兵の戦没慰霊碑などもあります。

刺繍工房の視察。
刺繍はここでしか行われていないとのことです。

前のページへ戻る
TOP