• 学院紹介
  • カリキュラム
  • 学校生活
  • 進路・進学
  • 国際教育
  • 施設・環境
  • 入試情報
  • 説明会・公開行事

中学部・高等部トップページ中学部・高等部からのお知らせ > 東日本大震災を覚えて礼拝が守られました。

東日本大震災を覚えて礼拝が守られました。

 312日(月)、福島県南相馬市にある「原町聖愛こども園」園長 遠藤美保子先生をお招きし、東日本大震災を覚えて礼拝が守られました。

 「原町聖愛こども園」と東洋英和女学院の関係ですが、2013年から毎年8月「原町聖愛こども園」の年長さんを軽井沢 追分寮(校外施設)にお招きして、二泊三日のひと時を過ごしていただいています。有志の生徒が年長さんの生活サポートをしながら交流していますが、生徒にとっても多くのことを学ぶ貴重な機会となっています。

 遠藤先生からは、福島の現状やこども園の様子をご紹介いただき、どのような時にも神様を信じ委ねて歩んでいきましょうとのお話をいただきました。

 東日本大震災から7年が経ちました。以前よりも話題にされることも少なくなっていますが、被災され今も厳しい環境の中で過ごしておられる方々のことを忘れず歩んでいきたいと思います。

 被災地のまことの復興と被災された方々の心の平安の回復、神様からのお支えがありますようにお祈りしています。

お話しくださる遠藤美保子先生

被災地の現状は、まだまだ厳しいことを改めて知りました。

全員で心を込めて祈りました。

前のページへ戻る
TOP