• 学院紹介
  • カリキュラム
  • 学校生活
  • 進路・進学
  • 国際教育
  • 施設・環境
  • 入試情報
  • 説明会・公開行事

TEAM2018 帰着

TEAM news 2018年8月13~15日

僧院学校の校長先生からのお話しや、避難民から見た日本のお話しを伺いました。

更に首都ネピドーで国家計画経済開発省、社会福祉救済再定住省と国会の教育推進委員会を訪れました。

国会議員のかたと直接質疑応答をさせていただき、今までの視察からの疑問をぶつけることで学びが深まっていきました。

今回は、日本大使館にて大使ともお時間を作っていただき、貴重なお話しをお伺いすることができました。

9日間があっという間にすぎ、誰も体調を崩すことなく無事に帰国することができました。

送り出してくださった保護者の皆様、滝澤先生、森田さんを始め多くの方に支えられて、沢山の事を学び学業や将来を深く考えるきっかけともなる旅が終わりました。

生徒たちは研修報告の向けて振り返りを行っていきます。

 

TEAM(ToyoEiwa Activities for Myammar)とは

クォードーパゴタ 729のパゴタが並び、世界一長い経典としてギネスブックに登録されています。

国会の教育推進委員会を訪れ、お互いの教育への取り組みを共有しました。

国会にて集合写真をとりました。

ヤンゴン大学にて学生と交流の機会を設けました。英語を使ってのコミュニケーションに奮闘していました。

全員元気にミャンマーを去ることができました。みんなの元気に感謝!

前のページへ戻る
TOP