学校生活

中学部・高等部トップページ学校生活最新情報&トピックス > 『扇面流水』 ~ 貴重なお茶碗をいただきました。

『扇面流水』 ~ 貴重なお茶碗をいただきました。

 毎年3月に東洋英和の卒業生と卒業生の保護者有志の方々が、高校二年生のために「英和茶会」を催してくださいます。

 この度、昭和37年高等部卒業 永楽康栄様が、この茶会の活動を知って応援のお気持ちでお茶碗を贈ってくださいました。

 お手紙には、「英和茶会の折等々にお使いいただけましたらうれしゅうございます」とありました。

 康栄様は、17代永楽善五郎氏夫人。

 永楽家は京焼の名門で、代々茶道の三千家の茶陶を製作していらっしゃいます。

 「扇面流水」は、名工仁清以来の優雅で伝統的な和の意匠。

 茶碗の内側まで丁寧に描きこまれた流れは文様全体に動きをもたせ、また、時の流れを感じさせています。

 吉祥 末広の扇の中には、日本人に愛されてきた四季折々の代表的な植物が描かれ、どの季節の茶会にも活かせる様に、というお心遣いが感じられます。

 このように貴重なお茶碗をいただきましたことに感謝しつつ、大切に使ってまいりたいと存じます。

senmenryusui (1).JPG

内側にも扇と水の流れが美しく描かれています。

今後、大切に使わせていただきます。本当にありがとうございました。

前のページへ戻る
TOP