国際教育

中学部・高等部トップページ国際教育 > 国際理解/国際支援教育

国際理解/国際支援教育

東洋英和女学院は、日本が近代国家となる前の1884年にカナダのキリスト教の一派、メソジスト教会から派遣された宣教師と教会の支援によって建てられました。立派な学校になった現在、その精神を受け継いで今度は「私達が誰かのために始めよう」という声が上がり、自発的な国際支援が始まりました。

国際理解に関する生徒会の活動

東洋英和女学院創立125周年生徒会記念事業
ACEF 寺子屋活動支援について

この活動は、2009年度の生徒会役員内で「東洋英和女学院が創立125周年を迎えるにあたり、何か記念になることをしよう」という提案があったことから始まりました。当初はキャラクター商品とコラボした記念品を作る案が有力でした。しかし当時、高等部部長だった佐藤順子先生の「記念品のような自分達のためだけのものではなく、学院創立の経緯を覚えて、現在の私達が対外的に出来ることが何かないでしょうか」という一言で、生徒たちが方針を再検討することにしたのです。 その頃は創立125周年ということで創立当時のことについてお話を聞く機会が多くありました。そこで、生徒会役員の生徒たちはそれも踏まえて議論を重ね、以下のような基本方針に基づく活動を行うことに決めました。

  1. 本学院は125年前、女子教育について意識が低かった当時の日本に、はるか遠いカナダから渡って来た宣教師たちによって創立されたことを覚えた活動
  2. 対外的な支援活動
  3. 継続が可能な無理のない活動

生徒たちはさらに情報収集を重ね、最後にたどりついたものがアジアキリスト教教育基金(以下ACEF)による寺子屋活動でした。これは、貧困のために、学校に行くことが難しいバングラディッシュの子供たちを、寺子屋を建てて支援する活動です。学びたくてもそのための環境を持たない人のための活動は、かつてカナダ人宣教師たちの尊い志によって建てられた本学院の創立を記念した事業にふさわしいと考えたのです。偶然にも、国語科教員である野村正宣がACEFの評議員であり、活動内容を詳細に知ることが出来たため、その安心感にも後押しされて計画は具体化されていきました。

最終的に、2009年度生徒会は「東洋英和女学院創立125周年生徒会記念事業 ACEF寺子屋活動支援」を決定しました。実際の事業は2010年度から始められ、まず生徒2名、教員1名がACEFスタディツアーに参加し、全校生徒に対しバングラデシュの現状が報告されました。そして寺子屋建て替え資金(1棟分)の寄付をしました。また継続した支援のために、創立記念日100円募金も始めました。2011年度には文化祭でのバングラデシュ工芸品の販売やバングラディッシュの現地ディレクターとして活動しているアルバート氏を招いた講演会も行われました。

この事業は代々の生徒会で引き継がれ少しずつ成長しながら、現在も継続中です。スタディツアーへの生徒の派遣も続けられ、参加者による報告会により、その体験は全校生徒が共有しています。学校の外の世界にも広く目を向け、自分たちに何が出来るかを考え、国際協力に理解を深めるための素晴しい機会となっています。

ACEF(アジアキリスト教教育基金)とは

ACEFの詳しい内容は下記バナーよりご覧ください。

ACEF アジアキリスト教教育基金
TOP