国際教育

中学部・高等部トップページ国際教育 > グローバル教育プログラム

グローバル教育プログラム

東洋英和女学院は、1884年にカナダのキリスト教の一派、メソジスト教会から派遣された宣教師と教会の支援によって建てられました。その精神を絶えることなく受け継いできた現在、今度は支援する側に立ちたいという気持ちから生徒の間に「私達が誰かのために始めよう」という声が上がり、生徒会による自発的なバングラデシュ支援が始まりました。
また文部科学省認定スーパーグローバルハイスクール(SGH)アソシエイト校に認定されたことをきっかけに、東洋英和ミャンマー活動「TEAM」、ASPEN式読書会「TERA」、「Skype会議」といったプログラムを柱としたグローバル教育が始まりました。

バングラデシュ寺子屋活動支援

東洋英和女学院創立125周年生徒会記念事業
ACEF 寺子屋活動支援について

この活動は、2009年度の生徒会役員内で「東洋英和女学院が創立125周年を迎えるにあたり、何か記念になることをしよう」という提案があったことから始まりました。当初はキャラクター商品とコラボした記念品を作る案が有力でした。しかし当時、高等部部長だった佐藤順子先生の「記念品のような自分達のためだけのものではなく、学院創立の経緯を覚えて、現在の私達が対外的に出来ることが何かないでしょうか」という一言で、生徒たちが方針を再検討す・・・

バングラデシュ寺子屋活動支援の詳細はこちら

TERA Toyo Eiwa Reading for Action

ASPEN式読書会「TERA」

1.「TERA」とは

「Toyo Eiwa Reading for Action 」Program の略で、本校で行われている古典を読み、対話する読書会のことです。このプログラムは、日本ASPEN研究所のご指導のものとアスペン式セミナーのルールに基づいて実施されています。「人間の基本的価値の再生が一層重要視されている今日において、国際人としての教養と、対話を通して人間に対する深い洞察や・・・

TERAの詳細はこちら

TEAM Toyo Eiwa Activities for Myanmar

東洋英和ミャンマー活動

東洋英和女学院中学部・高等部生が、国際社会や国際貢献に対する理解を深め、より実践的な関わりができるようにするため、政治的、経済的に大きな変革を遂げつつあるミャンマーについてケーススタディとして研究し、同国や途上国に共通する問題への国際支援および国際協力のあり方について検討するプログラムです。TEAMは高大連携のプログラムでもあり、中高部生と大学生が共同研究することにより、中高部生が基本的な学びからより高い研究テーマへと段階的に発展させてゆく手法を学びます。大学生も、研究する専門・・・

TEAMの詳細はこちら

TOP