カリキュラム

中学部授業の特色

6年先を見つめた連続性のある教育だから、知らないうちに本当の知力・学力が培われます。

授業のポイント

人間的な基礎づくりと、自立を促しながら支え続けるプログラム。英語科|楠山 真里子先生

中学部では中高一貫の6年間を見据え、じっくりと人間的な基礎づくりを行っていきます。情操教育のもと寛容の精神を身につけ、のびのびと個性を伸ばし、基礎学力をしっかり身につけさせるといったバランスの良い教育が特長です。中3では一貫教育を生かした高校先取り学習が各教科で行われています。少人数制学習や指名制補習、チューター制学習支援プログラムなど、個々の生徒の学習状況にきめ細かく対応し、自立を促しながら支え続けることを重視したプログラムが導入されています。

英語 少人数クラスで、基礎から上級まで、しっかり学ぶ

約20名のクラスでは、毎日数回は指名され、宿題も毎日出ます。小テストや補習なども随時行われます。中1はクリスマス劇や詩の暗唱、中2ではスピーチ、中3は日記を書き、演説や詩の暗唱をします。中3から習熟度別クラスで力に応じた指導をします。

ページ最上部へ戻る
英会話 楽しく、生きた英語を身につける

中1は週2時間、中2、中3は週1時間のネイティブの教師による英会話授業があります。オリジナルのテキストとホームページを使い、生徒の生活に合った内容の英会話を学びます。更に学びたい生徒は中3から放課後の課外英会話科に参加できます。

ページ最上部へ戻る
国語 ものを見る目を養い豊かな表現力と深い思索力を身につける

さまざまな「ことば」と出会い、ものの見方の多様性を学び、学んだことは自分の「ことば」にして表現力を高めます。古典は先取り学習を行い百人一首大会を実施して知識を定着させます。こうして知性と教養を深め、他者と出会い自分を知り、ものを見る確かな目を養います。

ページ最上部へ戻る
数学 数学の楽しさを知り、数学的な考え方を身につける

代数と幾何の時間に分かれており、系統立てた教科書を使用して数学の楽しさを経験しながら学習していきます。中2からは約20名のクラス、中3からは習熟度別と少人数制の授業で、きめの細かい授業を行い、高校の内容も先取りしていきます。

ページ最上部へ戻る
社会 楽しく、生きた英語を身につける

まず興味をもち、社会を身近に捉えられるように、"見て・聞いて・触って"といった体験的な教材を取り入れながら授業が進められています。総合的に捉えて考えることを大切に、必要に応じて高校の内容も先取りした学習を行っています。

ページ最上部へ戻る
理科 「好奇心」を「学ぶ意欲」に育てる

実験を多く取り入れ、五感をすべて使って学ぶ授業を行っています。観察や実験結果から様々な考察を導けるように指導を行っています。また中高一貫の特性を生かし、高校の授業内容を先取りした授業も展開しています。

ページ最上部へ戻る
音楽 音楽は毎日の学校生活と共に

英和の伝統ともいえるキリスト教音楽(讃美歌やハレルヤなど)を理解し、親しむようにします。音楽理論や音楽史を学ぶ一方、和楽器など日本の伝統音楽にも触れます。合唱コンクールは年間の大きな行事の一つで、クラスごとに指揮者が中心となり、自主的に取り組みます。

ページ最上部へ戻る
美術 数学の楽しさを知り、数学的な考え方を身につける

絵画、デザイン、立体などの創作を通して美術についての基本的な概念を学びます。技術の向上と共に、物を創る楽しさを味わいながら、芸術への理解とそれを愛好する心を育て、豊かな感性と豊かな情操を持った人間形成を目指しています。

ページ最上部へ戻る
技術家庭 豊かな人となるための礎をつくる

衣・食・住といった単元毎に、実践的・体験的な学習を行い、もの作りの楽しさ、他者のために生かされる喜びを感じながら、よりよく生きる力を養います。おもに実習の授業ではチームティーチングによってきめ細かい指導を行っています。

ページ最上部へ戻る
保健体育 のびやかな心と体を育てる

体育実技では基本的な動き・基礎的な体力を身につけることを目標として授業を展開します。保健の授業は中2・中3で実施します。健康な生活を送るための基本的な内容(からだの発育・発達など)について学習します。

TOP