学院紹介

沿革

「誰かのために、まず、私から始めましょう。」

マーサ・J・カートメル
東洋英和女学院の創設者

年号 内容
1884年(明治17) カナダ・メソジスト教会から派遣された婦人宣教師マーサ・J・カートメルによって、東京・麻布鳥居坂下に「東洋英和女学校」として設立
1888年(明治21) 幼稚科を設置
1889年(明治22) 高等科を設置
1902年(明治35) 幼稚科と予科を合わせて小学校に指定される
1905年(明治38) 長野県上田で梅花幼稚園を実習園とする保育者養成(短大保育科前身)開始
1914年(大正3) 東洋英和女学校付属幼稚園を設立
1927年(昭和2) 校章を定める、制服を制定
1928年(昭和3) 校旗および標語「敬神奉仕」が決まる
1934年(昭和9) 財団法人東洋英和女学校の設立認可。創立50周年記念式典挙行
東洋英和女学校校歌を制定
1941年(昭和16) 「東洋永和女学校」と改称
1945年(昭和20) 院制を施行し、「東洋永和女学院」と改称
1946年(昭和21) 「東洋英和女学院」の名称に復す
1947年(昭和22) 新学制実施により、幼稚園、小学校、中学部、高等部と名称変更
1950年(昭和25) 保育専攻部を、東洋英和女学院短期大学保育科に改組
1951年(昭和26) 財団法人を学校法人に改組
1953年(昭和28) 短大英文科の前身である英文専攻科(2年制)を設置
1954年(昭和29) 短期大学に英文科を増設
1959年(昭和34) 軽井沢追分寮完成
1964年(昭和39) 創立80周年記念として「東洋英和の歌」を制定
1970年(昭和45) 野尻キャンプサイト完成
1973年(昭和48) 短期大学付属かえで幼稚園開設
1984年(昭和59) 創立100周年記念式典挙行
1986年(昭和61) 短期大学横浜校地に移転。国際教養科を増設
1989年(平成元) 横浜校地に大学開設。人文学部/人間科学科、社会科学科の2学科を設置
1993年(平成5) 六本木校地に大学院開学
1995年(平成7) 大学1学部2学科を2学部2学科に組織変更
短期大学名称変更。東洋英和女学院大学短期大学部とする
1996年(平成8) 中学部・高等部の新校舎完成
1997年(平成9) 大講堂(新マーガレット・クレイグ記念講堂)にパイプオルガン設置
大学人間科学部に人間福祉学科を増設
1998年(平成10) 短期大学部、廃部
2000年(平成12) 小学部新校舎完成
2003年(平成15) 本部・大学院棟完成
2004年(平成16) 創立120周年記念式典挙行
2008年(平成20) 野尻キャンプサイト改築
TOP