学院紹介

ごあいさつ

伝統が育んできた神と人への敬虔な思い。それはいつの時代にも色あせることはありません。

中学部部長 石澤 友康

 生涯で最も多感で濃厚な中高時代をどのように過ごすかは、その後の人生の大きな礎となります。東洋英和の生徒たちは毎日のびのびと学校生活を送っています。それはキリスト教に基づいた自己肯定と他者尊重の精神が培われているからだと信じています。安心できる環境で自分の個性を発揮し、お互いを認め合う。隣人愛はそのような環境により育まれます。
 中高時代は単に大学への準備期間ではありません。長い人生でその時にしか過ごせない煌めくような貴重な一瞬です。その時間を中高生らしく過ごす。与えられた命を喜び、何事にも努力し、すべてに感謝し、そして祈りと共に歩み続けて欲しい。それが「敬神奉仕」に集約された東洋英和の持つ願いです。

高等部部長 楠山 眞里子

 東洋英和女学院は、創立以来、日本の女子教育の先駆を担ってまいりました。伝統と歴史を持ち、いつの時代にも揺るがない信念と価値観があります。それは「敬神奉仕」。神を敬い、人を愛し、社会に貢献する人材を育てる。世界に通用する真の教養を身につけ、国際人として正しくふるまい、世界の向上に役立つ。そうした教育を貫いております。
 創立時から世界に目を向けることを教え、国際人として必須の英語教育を重視してまいりました。また日々の礼拝、祈りを通して考え方や行動の規範に聖書の教えを置き、心優しい有能な人材を社会に多く送り出しています。これに大きな誇りと自負を抱き、日々全力で世界の未来を支える人材の育成に当たっております。

TOP