ご挨拶

理事長
増渕 稔
(ますぶち みのる)

2018年6月29日就任式における理事長就任の辞

 この度、大宮溥前理事長の後を受け、東洋英和女学院の第14代理事長に選任されました増渕稔です。
 私が初めて東洋英和女学院と縁を持つようになりましたのは、2005年11月のことでした。この時、職場の先輩であった元日銀総裁の速水優さんと当時学院の理事長であった池田守男さん、このお二人から「東洋英和女学院の理事を務めるように」というお話を頂き、以来理事・評議員として、さらに2011年4月からは常務理事としての任務も担って、現在に至っています。
 このように、私を東洋英和女学院に連なる者として下さったのは、速水優さんと池田守男さんという二人の大先輩なのですが、私自身は、お二人のようにごく若い時からキリスト教の信徒としての歩みを続けてきた訳ではございません。私が、様々に揺れ動く思いの下で、初めて教会の門を潜り、聖書を手にいたしましたのは、50歳という節目の年を迎えた直後の1995年のイースターの頃のことでした。それ以来、時間の許す限りは主の日の礼拝に通う生活が続いています。振り返ってみますと、あの日教会の門を潜った時から、今東洋英和女学院の理事長の任務を担うこととなるところまで、いわば一本の道で繋がっているようにも感じられ、不思議な力の働きを覚えずにはいられません。
 東洋英和女学院は、建学以来134年の年月を経ておりますが、その間「敬神奉仕」の言葉で象徴される「キリスト教の教えに基づく教育」という建学の精神を堅持し、これを実践することで今日まで発展してまいりました。歴代の学院指導者を始め多くの先人達のたゆまぬ努力の賜物であり、心から敬意を表したいと思います。
 しかしながら、現在東洋英和女学院を取り巻く状況は極めて厳しいものがあります。まず、東洋英和女学院に限らず、我が国の教育機関に共通することですが、人口減少と少子化が進展する中で、将来にわたってどのように「理想とする教育」を実現していくかという困難な課題に直面しています。また、学校法人として学生・生徒、教職員を始めとする様々なステークホールダーの多様な期待にどうバランス良く答えていくかという課題もあります。さらに、幼稚園・小学部の立地する六本木五丁目西地区における再開発事業にどのように関わっていくかということについても、学院の将来を見据えて適切な対応を考えていかなければなりません。
 このように、学院を取り巻く状況は大変厳しく、数多くの対処すべき難題が存在していますが、このような時に最も大切なことは、「キリスト教の教えに基づく教育」という建学の精神を堅持する下で、役員、教職員が心を一つにし、力を合わせて様々な課題に取り組んでいくことであります。そうすることで、東洋英和女学院のさらに豊かな未来を開いていくことができると確信しています。私自身もそのために全力を尽くし、理事長としての責務を全うしたいと考えています。どうかよろしくお願いをいたします。
 本日は、このようなかたちで、皆様のご出席を得て私の理事長就任式を執り行うことができましたこと、心より感謝申し上げます。

院長
深井 智朗
(ふかい ともあき)

 日本で最初にヨーロッパの教育制度を模範に建てられた学校は、1580年、安土に建てられたセミナリヨでした。これは将来カトリックの聖職者となる約束をした子どもたちに、いわゆるリベラル・アーツを教える学校でした。古典語、音楽、体育、そして日本の古典文学まで教えられていたと言われています。
 セミナリヨという名はポルトガル語ですが、日本でもよく用いられるゼミナールと同じ語源をもつ言葉です。いずれもセミナリウムというラテン語から生まれた言葉で、「苗床」という意味です。この言葉の動詞形は「種を蒔く」という意味なのです。 セミナリウムとは、キリスト教の伝統の中で生まれ、今日に至るまで生きている学校観、あるいは教育観だと考えています。学校での教育は「種蒔き」です。園児、児童、生徒、学生の心と身体の成長にあわせてもっともふさわしい種を蒔き続けます。いつの日かその種が豊かに実り、刈り取る時が来ることを信じて。

 東洋英和女学院の起源は1884(明治17)年に開学した東洋英和女学校に遡ります。 しかしその淵源はさらに日本にキリスト教の福音を伝えるために数多くの宣教師を送り出して下さったカナダ・メソジスト教会婦人ミッション、そして本学院初代校長マーサ・ジュリア・カートメルをはじめ、実際にこの国でのキリスト教の伝道と教育に人生を捧げて下さった宣教師たちの崇高な使命感にまで遡ります。
 彼女たちは、教会や家庭を通して与えられたキリスト教の信仰、高等教育機関等で研鑽と努力の末に獲得した最新の学問や芸術を、惜しげもなくこの国の女性たちに与えたのです。何よりもそのために太平洋の荒波を超えてやってきたのです。種を蒔いてくれたのです。いや、蒔き続けてくれたのです。神から与えられた使命に忠実に、日本の女性たちの教育のために仕え、人生をそのために捧げ尽くしたのです。まさに学院標語である「敬神奉仕」に生きたのです。
 本学院に伝わる、よく知られたエピソードがあります。卒業に際して、ある生徒が、この学校で過ごした日々が今までの人生の中で一番幸せだった、と述べた時に、当時の校長イザベラ・ブラックモアは、この学校での日々が一番幸せだった、ともしみなさんが感じているなら、私はこの学校の教育が失敗だったと言わなければならないかもしれません。最上のものは過去にあるのではなく、将来にあります。旅路の最後まで希望と理想を持ちつづけて進んで行く者であってください、と諭されたと言われています。まさに本学院の先人達が目指したのは、種蒔きとしての教育だったのです。

 本学院は、これからもこの伝統を確かに受け継ぎ、学ぶ者一人ひとりが、それぞれの人生の舞台で、ここで蒔かれた種の実をいつか豊かに刈り取ることができることを願い、日々託された教育という使命にこれからも誠実に仕えて行きます。それだけではなく、新しい時代に必要とされているものは何か、何を守り続け、何を変えて行かねばならないか、絶えず自省し、この伝統をさらに前進させて行きたいとも願っています。

このページの先頭へ