軽井沢 追分宿郷土館「村岡花子と軽井沢」展のお知らせ

2017/07/18

村岡花子が東洋英和女学校在学中から校長ミス・ブラックモアの軽井沢の別荘ブルックサイドコテージで夏を過ごしていたことが、最近になって村岡家の資料から明らかになりました。その後も花子は軽井沢をたびたび訪れ、文学者や宣教師たちと交流をもちました。
今回の軽井沢の追分宿郷土館の展示では、いままであまり知られていなかった軽井沢と村岡花子のつながりについて、写真や書簡、花子の著作・訳書、蔵書などをまじえながら紹介していきます。期間中は村岡恵理さんによる講演会、朗読会なども予定されています。
軽井沢に行かれる機会がある方は、是非お立ち寄りください。
muraokahanakotokaruizawa.jpg

展示期間 2017年7月22日(土)~2017年10月29日(日)
所在地  長野県北佐久郡軽井沢町大字追分1155-8
TEL   0267-45-1466  
開館時間 9時 ~ 17時 (入館は16時30分まで)
休館日  7月15日~10月31日は無休
入館料  大人400円(団体300円) 子ども200円(団体150円) (堀辰雄文学記念館と共通)
※ 団体は20人以上です。
※ 乳幼児は入館料無料です。
※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を保持する方とその介護者(1名)は手帳提示により無料となります。
※ 長野県信州ミュージアムネットワーク事業の参加により、7月15日から8月31日までの期間、小・中学生は入館料無料です。

長野県軽井沢町公式ホームページもご覧ください。
http://www.town.karuizawa.lg.jp/www/contents/1436508762152/index.html

このページの先頭へ